物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WZR-HP-G54へのDD-WRT導入7

WZR-HP-G54DD-WRTがインストールできたので、設定をしていきます。

まずは、通常の無線ルーターと同じように、無線設定を行います。次にtelnetサーバーの停止やsshサーバーの起動、NTPサーバーの指定、802.1xの停止などを行います。VPNパススルー関係は、仕事で使うIPSecのみとします。
ちなみに、VPNパススルー機能を試したところ、SecuRemoteとNetScreenRemoteはどちらも問題なく使用で来ました。

基本的な設定が完了したら、PPTPサーバーの設定を行います。
PPTP ServerをEnableにして、Server IPにDD-WRTのLAN側IPを入力、Client IP(s)にLAN側IPで使用していない分を範囲で入力(192.168.1.100-110など)、CHAP-SecretsにPPTPでアクセスするときに使用するユーザー名とパスワードを入力(testuser * testuser *)、これで設定は完了です。
DD-WRTのWAN側ネットワークに接続したPCで、PPTPクライアントの設定をして接続したところ、すんなり繋がりました。
DD-WRTは、DDNSも使用できるので、どこかのDDNSサービスを使用すれば、使いやすくなります。

WZR-HP-G54の設定も完了したので、Internet接続ルーターとして置き換えました。ただDIAGランプが点灯状態のままというのが気になるところです。

Internet---WZR-HP-G54---PC×4
             +-------WLI-TX4-G54HP---RD-X6

今まで使用していた、WN-APG/BBR-Sは中古放出する予定です。

PageTop

WZR-HP-G54へのDD-WRT導入6

シリアルコンソールも使えるようになったので、再度DD-WRTの導入をしてみました。

tftpでv23SP2genericを書き込んだところ、問題なく動作しました。もしかすると、9-KEケーブルが正常に動作していなかった
ので、シリアルコンソールが悪さをしていたのかもしれません。すくなくとも、PCには悪影響が出ていましたから。

とりあえず、Internet接続に使用しているルーターの下にWZR-HP-G54を接続しました。

Internet---WN-APG/BBR---PC×4
             +-------WLI-TX4-G54HP---RD-X6
             +-------WZR-HP-G54---PC

WAN側は上位ルーターからDHCPでIPを取得、無線・LAN側のPCはともにDD-WRTからDHCPでIP取得、DD-WRTのNAT機能でインターネット接続も問題無いです。

BUFFALOのファームに書き戻すことができるかを、試してみました。DD-WRTのダウンロードサイトに公開されているファームは3機種しかないですが、bogus pressによると、BUFFALOのファームは、OpenWRTのファームの頭に、ファームの名称(0A)filelen=ファイルの長さ(0A)というのが付加されている形式とのことです。
この部分を削除した、WZR-HP-G54のファームをOpenWRTのFirmwareUpgradeで書き込んだところ、問題なく動作しました。
BUFFALOファームのバージョンアップも行えました。

しかし、必要なのはPPTPサーバーですので、再度DD-WRTを書き込みました。引き続き設定をして、インターネット接続用ルーターとして使用できるようにしていきます。

PageTop

WZR-HP-G54へのDD-WRT導入5

WZR-HP-G54へのDD-WRT導入を進めていますが、シリアルコンソールから入力できないのを何とかしたいところです。

いろいろ調べたところ、カモン 9-KEを分解して回路図を載せている方がいました。
9-KE分解記
また、9-KEではPCからのTX信号をきちんと変換できていないので、シリアル接続がうまく行かずコンソールごみが出るという情報がありました。
mephisto_tresの日記

PCへのTXをVccでプルアップするための抵抗が無いので、電子ブロックから10kオームのブロックを2個直列に接続したところ、問題なく入出力ができるようになりました。また、PCのメモリをガシガシ消費することもなくなりました。

9-KEケーブル接続
PC RX:橙:WZR-HP-G54 TX 1pin
PC TX:黒:WZR-HP-G54 RX 2pin
     :20kΩ抵抗:WZR-HP-G54 Vcc 3in
    茶;WZR-HP-G54 GND 4pin

これで、シリアルコンソールからいろいろといじれます。

PageTop

WZR-HP-G54へのDD-WRT導入4

WZR-HP-G54DD-WRTのファームウェアを書き込んでみました。
tftpで書き込みますが、シリアルコンソールで見ていると書き込み後に起動しますが、画面にごみがいっぱい出ます。また、PCのメモリもガシガシ食われてしまいます。
しかも、WZR-HP-G54は再起動を繰り返してDD-WRTにアクセスできません。v23SP3のベータとv24のベータも試しましたが、同じ現象でした。

DD-WRTは、OpenWRTから派生したそうですので、OpenWRTなら動くかもしれないと思い、OpenWRTopenwrt-brcm-2.4-squashfs.trxをtftpでインストールしました。
コンソールを見ていると、OpenWRTは再起動を繰り返さないようですが、有線からアクセスできません。やっぱり動かないのかと思いましたが、無線を検索するとOpenWRTというアクセスポイントが見つかり、接続できました。
OpenWRTにアクセスすると、管理画面が表示されました。管理画面で情報を見ようとしましたが、パスワード変更ができず進みません。telnetでアクセスしてパスワード変更を使用としましたが、これもできません。しかも、無線とWANポートがブリッジ接続になっていて、LANポートからは通信ができない状態です。
ブリッジ接続の変更やLAN側NICへのIPアドレスの設定をしましたが、うまくいきません。

別のファームウェアとして、Tomato Firmwareがあるということで入れてみました。
これは問題なく動作しましたが、機能を見るとVPNサーバーがありません。

あらためてDD-WRTを動くようにすることを目標としました。

PageTop

WZR-HP-G54へのDD-WRT導入3

WZR-HP-G54の復旧に必要なパーツが届いたので、早速作業を開始します。

まず、9-KEケーブルを切断してWZR-HP-G54の基盤にケーブルをそのまま差し込みます。この状態で電源を入れたところ、コンソール画面に起動時の様子が表示されました。WZR-HP-G54昇天! あたらし物好きの実験ブログにあるのと同じ状況です。しかしコンソールからの入力ができません。

まあ、コンソールの入力は後でどうにかするとして、作業を進めます。
シリアルとJTAG用のピンヘッダーを基盤に立てます。
WZR-HP-G54 all

WZR-HP-G54 pin
シリアル4pinは、左からTX:RX:VCC:GND(PCへのTX・RXで記載)です。

9-KEもLEDケーブルを切って接続します。下の写真は、27kΩ抵抗を入れたもので、この時点では、抵抗無でつないでいました。
9-KE all

9-KE connect

JTAGケーブルもWRT54G/GS EJTAG Debrick Utility v4.8の中にある簡易版回路にしたがって作成しました。
JTAG1

JTAG2

JTAG3

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。