物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

US版ではBuffaloカスタマイズdd-wrtがインストールできました。

WZR-HP-G300NHにdd-wrtをインストールしました で、日本版のWZR-HP-G300NHにBuffaloがカスタマイズしたdd-wrtをインストールしましたが、エラーで書き込めませんでした。

US版のWZR-HP-G300NHを入手したので、USファームを最新にしてからBuffalo版dd-wrtをインストールしてみました。
Web管理画面から書き込んだところ、問題なく書き込みが完了し起動しました。

画面の色などが赤くなっていますが、設定内容などは通常のdd-wrtとは変わりませんでした。
メーカー提供(サポート?)でdd-wrtが使えるのでしょうが、US版を新規購入してサポートが受けられる状況でないため、特に利点がありません。

ClientBridgeの動作にも違いがないため、通常のdd-wrtをWeb管理画面からインストールしました。

PageTop

WZR-HP-G300NHへOpenWRTをインストールしました

dd-wrtでWDSを行おうとしたのですが、WDSは扱いが難しいようです で安定して動かすことができませんでしたので、OpenWRTでのClient接続を行ってみることにしました。

dd-wrtのWeb管理画面にあるファーム更新から、Openwrtイメージを書き込んだのですがエラーで書き込めませんでした。BrodcomベースのWZR-HP-G54などではできたのですが、Atheros系ではできないようです。

下記の情報を元に、インストール作業を行いました。
Buffalo WZR-HP-G300NH - OpenWrt Wiki
WZR-HP-G300NH Router: Firmware flash and brick recovery through TFTP
Installing OpenWRT on WZR-HP-G300NH from DD-WRT

tftpコマンドでPCから押し込んだのですが、シリアルコンソールからtftpbootコマンドでPCにとりにいったときと違い、問題なく展開されますが、No initrdとなり起動されず、インストール済みのdd-wrtが起動します。
また、資料にあるように純正ファーム、日本語1.76、英語1.74でも行ったのですが、現象は変わりませんでした。
tftp -i 192.168.11.1 put openwrt-ar71xx-wzr-hp-g300nh-jffs2-tftp.bin
Transfer successful: 4849696 bytes in 4 seconds, 1212424 bytes/s
tftp server done
Bytes transferred = 4849696 (4a0020 hex)
## Booting image at be060000 ...
Image Name: MIPS Linux Kernel Image
Created: 2011-04-13 5:05:35 UTC
Image Type: MIPS Linux Kernel Image (lzma compressed)
Data Size: 1128652 Bytes = 1.1 MB
Load Address: 80002000
Entry Point: 80006150
Verifying Checksum ... OK
Uncompressing Kernel Image ... OK
No initrd
## Transferring control to Linux (at address 80006150) ...
## Giving linux memsize in bytes, 67108864

Starting kernel ...

[ 0.000000] Linux version 2.6.34.8-svn16695 (root@dd-wrt) (gcc version 4.5.2 (Linaro GCC 4.5-2011.02-0) ) #4804 Wed Apr 13 06:50:13 CEST 2011

つづきを表示

PageTop

WZR-HP-G300NHの復旧作業を行いました

WZR-HP-G300NHの純正ファーム1.60からはdd-wrt化できませんでした で、新しく入手したWZR-HP-G300NHをdd-wrt化しました。

05-08-11-r16994をインストールした後に、OpenVPNの問題から04-09-11-r16785に戻しましたが、05-08-11-r16994には、buffalo_wzr-hp-g300nh と buffalo_wzr-hp-g300nh2 が有りましたので、buffalo_wzr-hp-g300nh2 をインストールしてみました。
dd-wrtのWeb管理画面から更新したのですが、再起動を繰り返すようになってしまいました。

シリアルコンソールで確認すると、下記のように文字化けが続いた後に再起動していました。
no file was loaded.
## Booting image at be060000 ...
Image Name: MIPS Linux Kernel Image
Created: 2011-05-08 3:36:32 UTC
Image Type: MIPS Linux Kernel Image (lzma compressed)
Data Size: 1034186 Bytes = 1009.9 kB
Load Address: 80002000
Entry Point: 80006150
Verifying Checksum ... OK
Uncompressing Kernel Image ... OK
No initrd
## Transferring control to Linux (at address 80006150) ...
## Giving linux memsize in bytes, 67108864

Starting kernel ...

[ 0.000000] Linux version 2.6.34.9-svn16972 (root@dd-wrt) (gcc version 4.5.2 (Linaro GCC 4.5-2011.02-0) ) #5331 Sun May 8 05:20:14 CEST 2011
[ 0.000000] flash_size passed from bootloader = 32
[ 0.000000] bootconsole [early0] enabled
炬xx璧xxxx炬>x炬>・璧x>・炬炬炬炬xx>x炬xx・・炬・x璧x・xxxxxxxxタxxxx璧xxxx炬x>x>・・炬>璧x炬>xxx炬・・炬xx>x炬x>>璧x>・x>炬x>x璧xx>・x璧xxxx炬xx炬xxx>x炬xx>x>・璧x>・x炬x炬x炬xxxx>x炬x>xx>・x>>xx>タxxx璧xxxx珱xxx炬璧x炬xx・・x炬炬>xxxx・・xx>・>珱xxxxx璧xx炬x>炬x炬xx>x

つづきを表示

PageTop

WZR-HP-G300NHの純正ファーム1.60からはdd-wrt化できませんでした

WZR-HP-G300NHをもう一台入手しました。
純正ファームは1.60でしたが、そのままdd-wrt化しようとしましたが、うまくいきませんでした。

Internet接続用のWZR-HP-G300NHは、04-09-11-r16785を使用していますが、ダウンロードサイトを見ると、05-08-11-r16994がリリースされていました。
この中には、buffalo_wzr-hp-g300nh と buffalo_wzr-hp-g300nh2 が有りました。
とりあえず、この三つをダウンロードしておきインストールを始めました。

純正ファームWeb画面のファームウェア更新で、05-08-11-r1699のbuffalo_wzr-hp-g300nh からダウンロードしたbuffalo_to_ddwrt_webflash-MULTI.bin で更新しようとしましたが、ファームウェアデータが正しくありません。再起動します。 となりました。
04-09-11-r16785 でも同じでした。

Internet接続用のWZR-HP-G300NHではファームをあげていたので、1.76に更新することにしました。
ファーム更新が開始されたあとに、再起動してDIAG以外のランプが全点灯になりました。
ブラウザでは進捗バーが表示され、100%になりましたが再起動しませんでした。
別のブラウザでつなぐと、すでに更新が終わっているようで、1.76になっていました。
しかし再起動しても初期化しても、ランプが全点灯状態は変わりませんでした。

つづきを表示

PageTop

WZR-HP-G300NHのdd-wrtにおけるMTUに関して

WZR-HP-G300NHでOpenVPNのステータス表示がうまくできました で、OpenVPNが問題なく動くことがわかったため、Internet接続用ルーターをWZR2-G108からWZR-HP-G300NHに切り替えました。

問題なくWeb閲覧ができると思っていたのですが、閲覧が遅くなるサイトがいくつかありました。
以前PPPoEに切り替えたときに、MTUの設定値によって閲覧できないサイトや閲覧が遅くなるサイトがありましたので、MTUをチェックしてみました。

WANインターフェースとPPPoEのMTUは1454に設定されているため、Pingで1426までのサイズがフラグメントなしで通信できるはずですが、PCからでもWZR-HP-G300NHからでも1422までしか通信することができませんでした。

WZR2-G108にて確認したところ、問題なくWeb閲覧が行え、Pingで1426まで通信することができます。

WZR-HP-G300NHのログを確認したところ、通信が行えない、Web閲覧が遅いときは、下記のメッセージが記録されていました。(len以降の数値は、より大きい場合もあり)
Apr 20 21:13:09 WZR-HP-G300NH kern.warn kernel: [267622.720000] AG7100: bad skb, len 1473
Apr 20 21:13:09 WZR-HP-G300NH kern.warn kernel: [267622.730000] AG7100: dropping skb 82eae680

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。