物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WZR2-G108(WZR-G144NのNIC)ではマルチSSIDが出来ました

LaFoneraにインストールしたdd-wrtではマルチSSIDが出来ました では、WZR-RS-G54の無線NICでマルチSSIDが出来なかったのは、無線NICの仕様によるものと考えました。

インターネット接続用のWZR2-G108では、WZR-G144Nの無線NICを取り付けてあります。
dd-wrtもv24preSP2 09-07-21をインストールして有るので、この機器でマルチSSIDが出来るかためしてみました。

無線LAN>基本で仮想インターフェースを追加し、無線LAN>セキュリティで暗号化方式を設定したところ、物理インターフェース・仮想インターフェースの両SSIDが発信されどちらにも接続出来るようになりました。
ネットワークセグメントはどちらも同じなため、物理インターフェースに接続した時と同じように通信が出来ました。
dd-wrtではMACアドレス認証も出来るので、暗号化方式がWPA-AESでも少しは安心です。

つづきを表示

PageTop

WZR2-G108のdd-wrtをバージョンアップしました

WZR2-G108では、dd-wrt v24・v24SP1は動作しませんでした にて、WZR2-G108にdd-wrtのvs24-preSP2 09-05-18版を動作させ、インターネット接続用として使用を開始しました。

特に問題なく動作していたのですが、先日再起動したところ起動時スクリプトが実行されなくなってしまいました。
また、dd-wrtのページでセキュリティリスク:DD-WRT httpd vulnerability (milw0rm.com report)が報告されていました。
この対策バージョンがbuild 12533以降ということなので、07-21-09-r12533をインストールしてみました。

Web管理画面からバージョンアップを実行しましたが、300sで再起動と表示されフルカウント後に再起動が行われました。
再起動後は問題なく動作し、起動時スクリプトも問題なく実行されました。

そろそろv24SP2のBetaやRC版が出ないものでしょうか。

PageTop

WZR2-G108では、dd-wrt v24・v24SP1は動作しませんでした

WZR2-G108のシリアルとJTAG接続 でcfeのバックアップができたので、dd-wrtをインストールしてみました。

シリアルコンソールから入力が行えないので、WZR-RS-G54のフラッシュバックアップに失敗しました と時のように動きを確認しながらできませんでした。

起動時に初期IP:192.168.11.1へのPing応答が無いのですが、WZR-G108の時はPCのアープテーブルに設定する必要がありましたので、同じようにアープテーブルを設定したところ、ping応答がかえるようになりました。

tftpコマンドでv24SP1をインストールしたのですが、再起動を繰り返してしまいました。

つづきを表示

PageTop

WZR2-G108のシリアルとJTAG接続

WZR2-G108を入手しました でシリアルとJTAGのピンが確認できましたので、WZR-G108へのDD-WRT導入1 と  WZR-G108へのDD-WRT導入2 を元に、シリアル接続を行ってみました。

シリアル接続を、1:Vcc・2:GND・3:RX(PC側がRX)・4:TX(PC側がTX) で行ったところ、WZR-G108と同様に表示はされますが入力ができませんでした。
しかも、ファームが起動すると画面がおかしくなる状況が発生しました。他の機種でプルアップが正常に行われていないと同じ現象が発生していたので、VccとTXを逆にしたところ、ファームが起動しても問題なく表示は行われました。
この時点でのシリアル接続は、1TX(PC側がTX)・:2:GND・3:RX(PC側がRX)・4:Vccです。
しかし、入力が行えないままでした。何か設定や処理が必要なのでしょうか。

JTAGに関しては以前調べたように、2:Vcc・3:TD0・5:TDI・7:TCK・9:TMSなので、WZR-HP-G54の時に作ったケーブルとの接続は、次のようになりました。
WZR-HP-G54のケーブルpin->WZR2-G108のpin
3->5・5->3・6->2・7->9・9->7

JTAGツールのwrt54を実行したところ、問題なく応答がありました。

つづきを表示

PageTop

WZR2-G108を入手しました

WZR-G144Nの無線NICを別のルーターに取り付けできるかを見てみました で、WZR-RS-G54にWZR-G144Nの無線NICが取り付けできないことがわかりました。

以前故障品のWZR-G108を入手したときは、BradocomベースのOpenWRTが動作しましたが、無線NICがArigoのため無線LANが使用できませんでした。
ただ、無線NICがWZR-G144Nのものより大きいため、取り付けは問題ないことが確認できました。

WZR-G108は完全に動作しないため、別のものを探していたところ、WZR2-G108が入手できました。
早速分解したところ、WZR-G108と同じ構成になっており、シリアル・JTAGも同じようにありました。

wzr2-g108 outwzr2-g108 in1
wzr2-g108 in2wzr2-g108 pin1wzr2-g108 pin2

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。