物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WZR-AMPG144NHへのWebアップグレードは出来ませんでした

WZSR-AMPG144NHにOpenWRT10.03が書き込めました で、LuCIのファームウェアアップデートでエラーとなりましたが、ダウンロードしたファイルをいろいろ試したところ、下記はエラーとならず書き込むことが出来そうでした。

openwrt-dt2-uImage
openwrt-orion-squashfs.img
openwrt-wnr854t-uImage
openwrt-wrt350nv2-squashfs.img
openwrt-wrt350nv2-squashfs-recovery.bin
openwrt-wrt350nv2-uImage


openwrt-wnr854t-uImage を書き込んだところ、書き込み完了後の再起動で起動しなくなりました。
### JFFS2 loading 'uImage' to 0x400000
Scanning JFFS2 FS: . done.
find_inode failed for name=uImage
load: Failed to find inode
### JFFS2 LOAD ERROR<0> for uImage!
# LED(0x80) Blink[2] (Please press 'Ctrl+c' to stop)


openwrt-orion-squashfs.img でも同じエラーとなり、書き込めるフォーマットのファームでも、書き込んでしまうと動かなくなるようです。

PageTop

WZSR-AMPG144NHにOpenWRT10.03が書き込めました

ramfsのOpenWRT10.03ではWebアップグレードが出来ませんでした が、OpenWrt / Support for Marvell 88F5xx81 based routers の32 に sysupgradeコマンドで書きこむ方法がありました。

ramfsで起動してopenwrt-wrt350nv2-squashfs.imgを書き込んだのですが、起動できませんでした。
oot@OpenWrt:/tmp# sysupgrade -n openwrt-wrt350nv2-squashfs.img
Performing system upgrade...
Unlocking image ...
Writing from to image ...
Upgrade completed
Rebooting system...

cut

### JFFS2 loading 'uImage' to 0x400000
Scanning JFFS2 FS: done.
find_inode failed for name=uImage
load: Failed to find inode
### JFFS2 LOAD ERROR<0> for uImage!
# LED(0x80) Blink[2] (Please press 'Ctrl+c' to stop)

つづきを表示

PageTop

ramfsのOpenWRT10.03ではWebアップグレードが出来ませんでした

WZR-AMPG144NHへOpenWRT10.03は書き込めませんでした では、リリースされているOpenWRT10.03のイメージが書き込めませんでした。
ramfsでコンパイルしたものから書き込めるかのテストをしてみました。

svn://svn.openwrt.org/openwrt/branches/backfire にてソースをダウンロードして、事前準備を整えました。
コンパイルの設定は、svn://svn.openwrt.org/openwrt/branches/backfire を使用してみましたが、下記のエラーでコンパイル出来ませんでした。
sablevm-sdk: sablevm-sdk requires jikes.

make[3]: *** [prereq] Error 1
Checking '/usr/include/openssl/ssl.h'... ok.
Package prerequisite check failed.
make[2]: *** [tmp/.prereq_packages] Error 1
make[1]: *** [prereq] Error 2
make: *** [world] エラー 2

つづきを表示

PageTop

WZR-AMPG144NHへOpenWRT10.03は書き込めませんでした

OpenWRTでOrionがサポートされました ので、WZR-AMPG144NHへ書き込んでみました。

http://backfire.openwrt.org/10.03/orion/ にある下記ファイルをダウンロードして、いろいろ試したのですが、うまく行きませんでした。
openwrt-dt2-squashfs-webupgrade.img
openwrt-dt2-squashfs.img
openwrt-dt2-uImage
openwrt-orion-squashfs.img
openwrt-wnr854t-squashfs-webupgrade.img
openwrt-wnr854t-squashfs.img
openwrt-wnr854t-uImage
openwrt-wrt350nv2-squashfs-recovery.bin
openwrt-wrt350nv2-squashfs-webupgrade.img
openwrt-wrt350nv2-squashfs.img
openwrt-wrt350nv2-uImage

つづきを表示

PageTop

OpenWRTでOrionがサポートされました

OpenWRTの開発ソースにはOrionベースが含まれており、コンパイルをしてテストを何回かやっていました。
今日OpenWRTのページを見たところ、Backfire 10.03というのがリリースされており、Orionもダウンロードできるようになっていました。

http://backfire.openwrt.org/10.03/orion/ でダウンロードできるのですが、dt2・wnr854t・wrt350v2がありますが、WZR-AMPG144NHはありませんでした。
ただ、構成がほぼ同じらしいので、wnr854t・wrt350v2などのファームで試してみたいと思います。


また、パッケージも新しくなっており、Tinyproxyも1.8.0-1がリリースされていました。
現在1.6.3を使用しているのですが、先日1.6.4-2を試そうとしたらうまく動かせなかったため、それらも含めて動作確認をしたいと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。