物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Androidでひかり電話を利用するには

BフレッツのままPCからひかり電話が使えるようにできました で、AndroidにSIPクライアントをインストールしてひかり電話を使っている人がいましたが、SIPクライアントによっては通話ができないものがあるそうです。

ひかり電話子機としてのandroid | CHOLESTEROL
Using Asterisk: android で使えるフリーのSipクライアント(ソフトフォン)
AndroidとSIP/VoIP 2010/06版

ひかり電話では対応するコーデックが、ISDNで使われるコーデック「G.711 μ-Law」なので、これに対応している必要があるそうです。
また、ソフトによっては、発信や受信ができない、エコーにより聞きにくい、などもあるため、どれでも簡単に使えるというわけにはいかないようです。
NAT環境に対応していないものもあるそうなので、利用するネットワーク環境によっては影響があります。


Streakのバージョンが2.2.1ですが、2.3になるとSIPクライアント機能が搭載されるそうです。
Xperia arcをひかり電話の子機にする - ケータイ Watch

家の外から使う場合はVPN接続が必要ですが、dd-wrtはOpenVPNで利用しているのでStreakを接続するには、PPTP機能を有効にするかStreakのrootを取得してOpenVPNを使えるようにする必要があります。

このため、Streakへの設定は検討中です。

PageTop

追記:BフレッツのままPCからひかり電話が使えるようにできました

BフレッツのままPCからひかり電話が使えるようにできました で通話のチェックを行いましたが、音声が通っていませんでした。

Firewallのログをチェックしたところ、ブロックされていましたので次のものを許可しました。
Out:UDP5015
In:UDP5014

これにより音声が通るようになりました。

PageTop

BフレッツのままPCからひかり電話が使えるようにできました

パソコンでひかり電話が利用できるそうです で、フレッツ光ネクストかライトであれば、PCでひかりソフトフォンを使ってひかり電話が利用できるので、Bフレッツから切り替えを検討していました。

別件でONU:PR-S300NEの設定画面を見ていたときに、電話設定>内線設定を見たところ、内線1・2はアナログ端末となっていますが、3~7がIP端末として登録されていました。

なにが接続できるのかInternetで調べたところ、SIPクライアントを使ってPR-S300NEに接続することで、ひかり電話が利用できることがわかりました。
RT-200KIとX-Lite: 清水 隆夫の「Good Job !」
tess's waves: パソコンからひかり電話したい(1)

フリーのSIPクライアントもあるそうなので、上記のサイトに載っていたX-Liteでひかり電話を使えるようにしてみました。

つづきを表示

PageTop

パソコンでひかり電話が利用できるそうです

無線LANを利用している、普通のコードレス電話機を使っているので長時間持っているのは面倒、などからPCから光電話が利用できないか考えていました。

Internetで検索したところ、ひかりソフトフォンというのがありました。
ひかりソフトフォン|ひかり電話(光IP電話)|フレッツ光公式|NTT東日本|おトクな光IP電話サービスなら「ひかり電話」

通常品質の音声通話、高音質の音声通話、TV電話、ファイル転送などいろいろな機能が利用できるそうです。
月額料金などは不要ですが、通話料はそれぞれの機能で必要となります。
ご利用料金|ひかりソフトフォン|ひかり電話(光IP電話)|フレッツ光公式|NTT東日本|おトクな光IP電話サービスなら「ひかり電話」

早速利用しようと考えたのですがBフレッツでは利用できず、フレッツ光ネクストかフレッツ光ライトでひかり電話を契約している必要があるそうです。
ご利用条件|ひかりソフトフォン|ひかり電話(光IP電話)|フレッツ光公式|NTT東日本|おトクな光IP電話サービスなら「ひかり電話」

フレッツ光ネクストへの切り替えには、下記のように11,340円かかります。フレッツ光ライトであればキャンペーンで0円ですが、2段階定額制で上限が1,000円程度高くなるのがネックです。
フレッツ光ライトからの移行は0円なので、何かキャンペーンなどしてほしいところです。
フレッツ 光ネクストの工事費について 新規お申し込み時の工事費が2,100円(税込)|フレッツ公式|NTT東日本
フレッツ 光ライトの工事費について|フレッツ 光ライト|フレッツ光公式|NTT東日本|月々2,940円(税込)から始められる「2段階定額」プラン「フレッツ 光ライト」

このためでだけに切り替え料金をかけるのはもったいない感じがするため、もう少し考えることにします。

PageTop

フレッツサービスでPPPoE利用可能なセッション数を追加できるサービス

フレッツスクウェアを見ていたら、フレッツ・セッションプラスというのが有りました。
「ご利用のBフレッツ、フレッツ・ADSLについて、同時に利用可能なセッション数を追加するサービスです。」ということです。

通常は2セッション(ビジネスタイプで4セッション)しかできませんが、5セッション(ベーシックとADSLビジネスは10セッション、ビジネスは20セッション)まで追加できるサービスです。

1セッションごとに月額300円、基本工事費が1の工事ごとに1,000円、交換機等工事費が1契約者回線等ごとに1,000円となります。

このサービスですが、NTT東日本のページでは個人向けのページには無く、法人向けのページでしか見つけられませんでしたが、あまり募集していないのでしょうか。
200Mbpsのフレッツ 光ネクストや法人向けの1Gbpsサービスもあるため、複数セッションが出来ればいいと思っていましたので、もっと公開してもいいのではと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。