物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

LaFoneraに標準ファームを書き込みなおす

LaFoneraに標準ファームを書き込みなおしてみます。
0.7.1.r2以降でのSSHアクセス設定を検証するため、0.7.1.r2を書き込みます。

http://www.dd-wrt.com/wiki/index.php/La_Fonera_FlashingのReflashing LaFonera original firmware を参考に進めます。

ます、0.7.1.r2のファームウェアをhttp://uselesshacks.com/files/fonera_0.7.1.2.zipから取得します。

fonera_0.7.1.2.zipを展開し、tftpサーバーから読めるようにします。
RedBootにtelnetでアクセスし、手順に従いインストールします。

RedBoot> ip_address -h 192.168.1.100
IP: 192.168.1.254/255.255.255.0, Gateway: 0.0.0.0
Default server: 192.168.1.100
RedBoot> fis init
About to initialize [format] FLASH image system - continue (y/n)? y
*** Initialize FLASH Image System
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot> load -r -v -b 0x80040450 rootfs.squashfs
Raw file loaded 0x80040450-0x801c044f, assumed entry at 0x80040450
RedBoot> fis create -b 0x80040450 -f 0xA8030000 -l 0x00700000 -e 0x00000000 rootfs
... Erase from 0xa8030000-0xa8730000: ................................................................................................................
... Program from 0x80040450-0x80740450 at 0xa8030000: ................................................................................................................
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot> load -r -b %{FREEMEMLO} kernel.lzma
Using default protocol (TFTP)
Raw file loaded 0x80040800-0x800c07ff, assumed entry at 0x80040800
RedBoot> fis create -r 0x80041000 -e 0x80041000 vmlinux.bin.l7
... Erase from 0xa8730000-0xa87b0000: ........
... Program from 0x80040800-0x800c0800 at 0xa8730000:........
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot> fis load -l vmlinux.bin.l7
Image loaded from 0x80041000-0x801ba000
RedBoot> exec

これでLaFonera 0.7.1.r2が使用できるようになりました。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。