物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

LaFoneraのRedBootへtelnetでアクセス

LaFoneraのRedBootにtelnetでアクセスできるように設定します。

FonまとめwikiのTips>筐体を開けずにRedBoot?にアクセス を参考に進めます。

まずSSHでログインして、openwrt-ar531x-2.4-vmlinux-CAMICIA.lzmaを書き込みます。
root@OpenWrt:~# cd /tmp
root@OpenWrt:~# wget http://fonera.info/camicia/openwrt-ar531x-2.4-vmlinux-CAMICIA.lzma
Connecting to fonera.info[62.81.199.144]:80
openwrt-ar531x-2.4-v 100% |*****************************| 512 KB 00:00 ETA
root@OpenWrt:~# mtd -e vmlinux.bin.l7 write openwrt-ar531x-2.4-vmlinux-CAMICIA.lzma vmlinux.bin.l7
Unlocking vmlinux.bin.l7 ...
Erasing vmlinux.bin.l7 ...
Writing from openwrt-ar531x-2.4-vmlinux-CAMICIA.lzma to vmlinux.bin.l7 ... [w]
root@OpenWrt:~# reboot

再起動後にSSHでログインして、out.hexを書き込みます。
root@OpenWrt:~# cd /tmp
root@OpenWrt:~# wget http://fonera.info/camicia/out.hex
Connecting to fonera.info[62.81.199.144]:80
out.hex 100% |*****************************| 4096 00:00 ETA
root@OpenWrt:~# mtd -e "RedBoot config" write out.hex "RedBoot config"
Unlocking RedBoot config ...
Erasing RedBoot config ...
Writing from out.hex to RedBoot config ... [w]
root@OpenWrt:~# reboot

再起動すると、192.168.1.254からping応答があります。しかし、そのまま待ってもLaFoneraのファームが起動してきません。
192.168.1.254:9000へtelnetで接続すると何も表示されないままなので、リターンキーを押すとRedBoot>が表示されRedBootを操作できます。

これで、RedBootにtelnetでアクセスできるようになりましたが、ファームウェアが何もない状態になっていて、fis listで何も表示されません。
RedBoot> fis list
Name FLASH addr Mem addr Length Entry point

http://www.dd-wrt.com/wiki/index.php/La_Fonera_Flashing のFlashing>5.を見ると、
Your LaFonera should not be able to completely boot, because the FIS directory will be erased 
とあるので、ファームウェアが消されるそうなので、ファームウェアの書き込みを行っていきます。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。