物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WZR-HP-G300NHを純正ファームに戻せました

WLAE-AG300を純正ファームに戻しました でWLAE-AG300とWZR-HP-AG300が純正ファームへ戻せる方法がわかりました。

WZR-HP-G300NHでも戻せないか探していたところ、WZR-HP-G300NH Router: Firmware flash and brick recovery through TFTP に戻す手順がありました。

WLAE-AG300やWZR-HP-AG300と同じように、u-boot用のMACアドレスを使ってarpテーブルにIPアドレスを登録することで、tftpでPCからファームウェアを送り込むことができます。

ただし、日本版ファームでは送り込んでも更新されないため、下記サイトから英語版ファーム Ver1.7.6をダウンロードして、u-boot設定を変更して送り込んだところ、英語版純正ファームに更新することができました。
Award-winning external storage & network solutions | Buffalo Technology

u-boot設定変更
setenv region US
setenv accept_open_rt_fmt 1
saveenv

英語版ファームでも、Buffaloのデバッグモードとファームバックアップを行いました と同じようにデバッグモードが使えました。

ただし、このままでは日本語メニューが使えないため、日本語ファームに更新する方法を試しました。

純正ファームの更新画面から日本語ファームを更新しようとしたのですが、Invalid firmware, rebooting! となり更新されず再起動します。

u-bootでsetenv region US に変更していたため、setenv region JP としてから純正ファームの更新画面から日本語ファームを更新したところ、問題なく更新され日本語ファームに戻ることが出来ました。


WZR-HP-AG300に切り替える前は、WZR-HP-G300NH×3台、WZR-HP-G301NH×1台を使っていたため、他のものも純正ファームに戻していくようにします。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。