物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

vSphereハイパーバイザーへのServer Administrator導入方法

Dellのサーバーで稼動するWindowsやLinuxでは、Server Administratorというツールを導入することで、サーバーの状態を確認したり、RAIDのメンテナンスがおこなえます。

vSphereハイパーバイザーのesxiでは、Server Administratorが利用できないと思っていたのですが、R310でHDD障害が発生してDellサポートに連絡した時に、導入することができるとのことでした。

Internetで検索したところ、導入する方法がありました。
ESXi5 に Open Manage Server Administrator をインストール: インフラ担当者の備忘録
Server Administratorのインストール・設定(VMware ESXi 5.0) | Dell Asia Pacific

これによると、下記の手順でインストールするそうですが、方式としては管理用Windows環境no
WebフロントエンドとvSphereCLIを利用して、esxiホストのServer Administratorにアクセスするようです。
1) 管理用 Windows 環境へのServer Administratorのインストール
2) 管理用 Windows 環境へのVMware vSphere CLI のインストール
3) ESXi 5.0 ホストへのServer Administratorのインストール
4) SNMPの設定

また、ESXi5 に Open Manage Server Administrator をインストール: インフラ担当者の備忘録 によると、WindowsXPと2003からesxi5のServer Administratorにログインするには特別な設定が必要なようで、未設定状態だとログインに失敗するそうです。

ESXi の /etc/vmware/hostd/config.xml を変更してから、esxiを再起動するか hosted を再起動することでログインできるようになるそうです。

こちらも新しいサーバーが届いたらテストしてみることにして、問題がなければ既存環境にも導入することにします。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。