物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

VMware ESXでUSB利用に関して

VMware ESXでは、仮想マシンにUSBコントローラーを追加して、ハードウェアに接続したUSBデバイスを仮想マシンに追加することで、仮想マシン内でUSBデバイスが利用できます。

データコピーなどにUSB2.0接続のHDDを利用したのですが、スループットが10MB/s程度しか出ませんでした。
ぜんぜん使えないよりはいいのですが、大容量をコピーする場合などには不便です。


ESXには、物理サーバーのPCIデバイスを仮想マシンに割り当てるパススルー機能があります。
USBコントローラーが割り当てられるとおもい、vSphere5.1をインストールしたサーバーで設定をしてみました。

vSphereClientで接続して、構成タブ>詳細設定でパススルーの構成をクリックすることで、パススルーするデバイスを選択する画面が表示されるので、USBコントローラーをチェックして設定し、サーバーを再起動しました。

しかし、再起動後に構成タブ>詳細設定にUSBコントローラーが表示されません。

他のデバイスで試したところ表示されるので、USBコントローラーだけが反映されないようです。

Internetで検索したところ、vSphere5.1のバグですがすぐに直らないようです。
ESXi5.1にアップグレードしたらUSB2.0カードがパススルーできなくなった - tuedaの日記
ESXi 5.1になってUSBカードがパススルーできなくなった(コラコラ) - tuedaの日記
5.1で入ってしまったPCIパススルーのバグは直すようだ - tuedaの日記


vSphere5.0に変更したところ、問題なく利用できるようになりました。

仮想マシンにPCIデバイスとして追加すると、仮想マシンの中でUSBコントローラーが認識され、物理マシンのようにUSBデバイスを接続すれば認識されます。

スループットを見たところ30MB/s程度でますので、大容量データーのコピーなどで利用する場合もかなり便利に使えます。


Dellのラックマウントサーバーの設定画面では、USBコントローラーが2個表示されますが、片側が前面ポート、もう片側が背面ポートのため、USBキーボードを接続する側はパススルーせず、仮想マシンで利用する側のポートのみパススルーすることで使い分けができます。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012年11月22日(Thu)07:23 [EDIT]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014年07月25日(Fri)08:20 [EDIT]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014年08月26日(Tue)07:54 [EDIT]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014年09月01日(Mon)01:41 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。