物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

vShpere5以降でWebクライアント利用

VMwareServer2、vShpere4.1までではWebクライアントが利用でき、他のPCからもブラウザで仮想マシンを操作することができました。

しかし、vSphere5からはこの機能が無くなり、vCenterServer利用の場合のみWebクライアントが利用できるようになっています。

また、VMwareWorkstation8以降で共有VMというのがあり、他のPCのWorkstationから仮想マシンが利用できますが、この機能でもWebクライアントが利用できないため、他のPCにもWorkstationが必要となります。


WorkstationのダウンロードページにWSX Serverというのがあり、調べたところ、Workstationの共有VMをブラウザから利用できるとのことです。
virtualization.info | Release: VMware WSX Server for Windows

WorkstationをインストールしたPCへWSX Serverをインストールしたところ、ブラウザから共有VMを利用することができました。
他のPCからWSX Serverにアクセスしても利用できます。

プラグインが不要でHTML5で動いているので画面描画は遅いですが、HTML5に対応していればいろいろなデバイスから利用できるようです。


WSX Serverには、複数のPCを登録できるのでvSphere5を登録したところ、ブラウザで仮想マシンを利用することができました。
しかし、ESX3.5やvSphere4では登録しても、仮想マシンの画面が標示されず利用できませんでした。

ESX3.5やVMwareServer2のWebクライアントを利用するには、IEの互換標示のURLを登録する必要がありますが利用することができるので、vSphere5が利用できるだけでも便利になりました。

ただ、Workstationの共有VM以外の仮想マシンが使えないので、どの仮想マシンでも利用できればもっと便利になると思います。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。