物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

SC440のほこりとWDのAdvanced Format

SC440にWindowsXPをインストールして使っていますが、HDDの温度が高いままとなっていました。

本体下部のHDD上部に別途購入したFANをころがしてあり、温度があまり高くならないようにしていました。
FANが故障したかと思い本体をあけたところ、FANは問題なく動いていたのですが、本体前面に埃がたまっているようでした。

前面から掃除機ですったのですが、ぜんぜん取れませんでしたので、前面カバーを外す必要がでました。

前面カバーの上部は簡単に外せたのですが、下部は引っ張っても外せませんでした。
いろいろ見たところ、本体内部側からねじで3箇所とまっているので、それを外す必要がありました。
上側2箇所のねじは、CPUクーラーが近いため、短いドライバーを使うか、CPUクーラーを外す必要がありました。

前面カバーを取ったところ、スポンジのように固まった埃が出てきて、空気がぜんぜん流れないようになっていました。

埃がなくなったことで、HDDの温度も上がらないようになりました。


WDのAdvanced FormatのHDDを使っていたのですが、温度のせいもあり不良セクターが増えてきました。

交換用HDDとしてWDのHDDを購入したので、前回はAdvanced Format用のジャンパ設定やツールをいれずに使っていたのですが、今回はAdvanced Format用のジャンパ設定を行いました。

速度チェックなどは行っていないのですが、全域で書き込み速度が落ちるのではないので、体感的にはあまり変わった感じはしませんでした。


問題となったのはエクスプローラーでのデータコピーで、CRCエラーでコピーが失敗して、全体の処理が失敗してしまいます。

エラースキップするツールが必要なので、robocopyコマンドを使用することにしました。
Windows2003リソースキットがWindowsXPで利用できるので、ダウンロードしてインストールしました。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=9d467a69-57ff-4ae7-96ee-b18c4790cffd&DisplayLang=en&displaylang=en

以前仕事で利用したオプションを利用して、ログファイルを保存する、エラースキップする、などで実行しました。
robocopy コピー元ディレクトリ コピー先ディレクトリ /COPY:DATO /E /LOG:c:\temp\robocopy.log
/b /v /np /tee /r:1 /w:1

ログを確認したところ、18ファイルほどエラーが出たので、ディスクチェックなどを行ってから再度コピーするなどするようにします。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014年07月25日(Fri)08:28 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。