物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WZR-G108へのDD-WRT導入5

WZR-G108DD-WRTを導入しましたが、無線が使用できない・WAN側も通信できない状態です。
このため、メーカーファームをインストールしてみることにしました。

英語版2.40のヘッダを削り、DD-WRTのバージョンアップ画面からインストールしてみました。
ファイル名に .bin がついていないのでエラーとなりましたので、 .bin をつけたところ、インストールしてくれました。
Downloading from ethernet, ^C to abort
Downloading os image in 3 seconds
Downloading image time out
Boot os from the flash
Now checking CRC...
CRC OK
Uncompressing........................................................done

>FlashUnlockBlockForINTEL28FxxxC3
support Intel-28FxxxC3 only.
Doing command call 80001000
CPU revision is: 00029006
Primary instruction cache 16kb, linesize 16 bytes (2 ways)
Primary data cache 16kb, linesize 16 bytes (2 ways)
Linux version 2.4.20 (root@localhost.localdomain) (gcc version 3.2.3 with Broadcom modifications) #15 Tue Mar 8 20:06:57 JST 2005
Determined physical RAM map:
memory: 02000000 @ 00000000 (usable)
On node 0 totalpages: 8192
zone(0): 8192 pages.
zone(1): 0 pages.
zone(2): 0 pages.
Kernel command line: noinitrd console=ttyS0,115200 root=/dev/mtdblock2 panic=1
CPU: BCM4704 rev 8 at 264 MHz
Calibrating delay loop... 263.78 BogoMIPS
Memory: 30400k/32768k available (1466k kernel code, 2368k reserved, 112k data, 72k init, 0k highmem)
Dentry cache hash table entries: 4096 (order: 3, 32768 bytes)
Inode cache hash table entries: 2048 (order: 2, 16384 bytes)
Mount-cache hash table entries: 512 (order: 0, 4096 bytes)
Buffer-cache hash table entries: 1024 (order: 0, 4096 bytes)
Page-cache hash table entries: 8192 (order: 3, 32768 bytes)
Checking for 'wait' instruction... unavailable.
POSIX conformance testing by UNIFIX
PCI: Fixing up bus 0
PCI: Fixing up bridge
PCI: Fixing up bus 1
Linux NET4.0 for Linux 2.4
Based upon Swansea University Computer Society NET3.039
Initializing RT netlink socket
Starting kswapd
devfs: v1.12c (20020818) Richard Gooch (rgooch@atnf.csiro.au)
devfs: boot_options: 0x1
BUFFALO WBR-B11 INIT SWICH DRIVER ver 1.00
Serial driver version 5.05c (2001-07-08) with MANY_PORTS SHARE_IRQ SERIAL_PCI enabled
ttyS00 at 0xb8000300 (irq = 3) is a 16550A
ttyS01 at 0xb8000400 (irq = 0) is a 16550A
PPP generic driver version 2.4.2
eth0: Broadcom BCM47xx 10/100 Mbps Ethernet Controller 3.60.9.0
eth1: Broadcom BCM47xx 10/100 Mbps Ethernet Controller 3.60.9.0
Amd/Fujitsu Extended Query Table v1.3 at 0x0040
This flash is supporting buffer-write-mode.
(buffer size 32 bytes / write time 128-4096 us)
Enable buffer-write-mode!!
number of CFI chips: 1
Flash device: 0x800000 at 0x1c000000
Physically mapped flash: cramfs filesystem found at block 1024
Creating 4 MTD partitions on "Physically mapped flash":
0x00000000-0x00040000 : "pmon"
0x00040000-0x007e0000 : "linux"
0x00100000-0x007e0000 : "rootfs"
0x007e0000-0x00800000 : "nvram"
sflash: found no supported devices
NET4: Linux TCP/IP 1.0 for NET4.0
IP Protocols: ICMP, UDP, TCP
IP: routing cache hash table of 512 buckets, 4Kbytes
TCP: Hash tables configured (established 2048 bind 4096)
ip_conntrack version 2.1 (256 buckets, 2048 max) - 344 bytes per conntrack
ip_tables: (C) 2000-2002 Netfilter core team
*** #define HZ is (100).
ipt_time loading
NET4: Unix domain sockets 1.0/SMP for Linux NET4.0.
NET4: Ethernet Bridge 008 for NET4.0
802.1Q VLAN Support v1.7 Ben Greear
All bugs added by David S. Miller
***** Error!(invalid Param:[et0macaddr]=[00:0D:0B:4F:6A:1D]) Set [00:07:40:00:00:2a]
***** Error!(invalid Param:[et1macaddr]=[00:0D:0B:4F:6A:1D]) Set [00:07:40:01:00:2a]
VFS: Mounted root (cramfs filesystem) readonly.
Mounted devfs on /dev
Freeing unused kernel memory: 72k freed

NVRAM checking...OK!!
/var/tmp/nvram/kernel_mods: No such file or directory
insmod: et.o: no module by that name found
insmod: init_module: wl: No such device
/var/tmp/nvram/airgo_mods: No such file or directory

しかし、このあと再起動がかかりループしてしまいます。
このため、tftpで日本語2.41のヘッダを削ったものをインストールしましたが、現象は変わりませんでした。

DD-WRTをインストールしているときに、JFFSを有効にしていたので、DD-WRTをtftpでインストールし、デフォルト設定にしました。
電源を入れなおしたところ、また動作しなくなりました。
start adrstest (size=0x1c00000 adr=0x80400000)
checking...
adrstest error at 80be9abc val=be9abc
Hit CTL+C to break loop

以前にバックアップしたWZR-HP-G54のCFEとWZR-G108のCFEをバイナリエディタで確認したところ、同じフォーマットで形式でした。このため、JTAGで-erase:wholeflashを行った後に、-flash:cfeでCFEを書き込みましたが、現象は変わりませんでした。
メッセージを見ると、adrstestでエラーが発生しているためでした。キー入力ができないので、loopをブレークすることができません。このため、また何もできなくなりました。

やはり、シリアルコンソールを何とかする必要があります。
もっとも、adrstest errorなので、ハードウェア障害の可能性もあります。
その場合は、mini-PCIのMIMOカードをWZR-HP-G54に移植することを考えています。もっとも、DD-WRTでこの無線カードが対応しないとどうしようもないですが。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。