物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WZR-G108へのDD-WRT導入2

WZR-G108へのDD-WRT導入を進めていますが、JTAGでのアクセスを行えるようにしていきます。

WZR-G108のJ1コネクタは10pinですが、Internetを検索しても10pinのJTAGピンアサインが見つかりませんでした。
このため、WZR-HP-G54の12pinと同じピンアサインでJTAGケーブルを接続しましたが、動作しませんでした。
いくつか別のピンアサインがあったので試しましたが、動作しませんでした。

使用するピンは、3,5,7,9の4ピンなので、ケーブル4本との接続パターンは、4x3x2x1の24通りとなります。このため、総当りでチェックしたところ、次のピンアサインで動作しました。
3:TD0
5:TDI
7:TCK
9:TMS

-backup:cfeでcfeをバックアップ後、-erase:nvram・-erase:kernelでnvramとkernel部分を削除し、再起動しました。
しかし、正常に動作しませんでした。

-probeonlyに内容は、下記の通りです。
====================================
WRT54G/GS EJTAG Debrick Utility v4.8
====================================

Probing bus ... Done

Instruction Length set to 8

CPU Chip ID: 00000100011100000100000101111111 (0470417F)
*** Found a Broadcom BCM4704 Rev 8 CPU chip ***

- EJTAG IMPCODE ....... : 00000000100000000000100100000100 (00800904)
- EJTAG Version ....... : 1 or 2.0
- EJTAG DMA Support ... : Yes

Issuing Processor / Peripheral Reset ... Done
Enabling Memory Writes ... Done
Halting Processor ... ... Done
Clearing Watchdog ... Done

Probing Flash at (Flash Window: 0x1fc00000) ... Done

Flash Vendor ID: 00000000000000000000000000000001 (00000001)
Flash Device ID: 00000000000000000010001001111110 (0000227E)
*** Found a AMD 29lv320MT 2Mx16 TopB (4MB) Flash Chip ***

- Flash Chip Window Start .... : 1fc00000
- Flash Chip Window Length ... : 00400000
- Selected Area Start ........ : 00000000
- Selected Area Length ....... : 00000000



*** REQUESTED OPERATION IS COMPLETE ***

シリアルコンソールに表示されるのは、下記の通りです。
Flash type "S29GL064M R5-R7 4Mx16"
start memory test (start=80400000 size=01c00000(28672KB) end=82000000)
start adrstest (size=0x1c00000 adr=0x80400000)

JTAGで認識しているフラッシュの種類とシリアルコンソールで表示されるフラッシュの種類が違います。容量やアドレスも違っています。このため、正常に削除できていないようです。

このフラッシュに対応しているJTAGツールを探してみたのですが、見つかりません。
シリアルコンソールもJTAGも使えないとなると、正常に動作させることができません。どちらかが行えるようにならないと、手詰まりとなってしまいます。
どうなることやら、です。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。