物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

AndroidのOpenVPN経由で使えるSIPクライアント

Streak 2.2.1 でOpenVPNを利用できるようにしました 、 Androidでひかり電話を利用するには 、 BフレッツのままPCからひかり電話が使えるようにできました などを元に、Android2.2.1からOpenVPNで自宅に接続してひかり電話を使えるようにしました。

SIPクライアントをいろいろと試したのですが、OpenVPN経由で使えるものがなかなか見つかりませんでした。

OpenVPN経由でレジストできない
・Csip
・SIPdroid
・CSipSimple

OpenVPN経由でレジストしても、ダイヤルできない、通話ができない
・3CXPhone
・AGEphone
・LinPhone

InternetではPPTPで接続して問題なく利用できている情報がありますが、OpenVPNでの情報はありませんでした。

dd-wrtでNATしているのが原因かと考え、PR-S300NE---LAN側---dd-wrt---WAN側---Android という環境を作り、PR-S300NEをLAN側にしたのですが使えませんでした。
OpenVPNとLAN側のIPセグメントが別のため、LAN側でもルーティングしているのが原因かもしれないです。

dd-wrtのSIPサーバー兼SIPプロキシであるmilkfishを利用して、OpenVPNのIPセグメントでもプロキシで受けられるかもと考えたのですが、milkfishがOpenVPNのトンネルインターフェースを認識しないのか待ち受けをしませんでした。

このためAsteriskをとも考えたのですが、ひかり電話PR-S300NEのアナログ電話とSIPクライアントが通信できない場合の対処方法 で進めていないままでしたので、結局OpenWRTで設定を行わないままでした。


SIPクライアントを継続して探していたところ、下記にて Voip By Antisip というのを知りました。
SIPS(SIP/TLS)対応アプリのメモ

マーケットからインストールして設定したところ、OpenVPN経由でも問題なくひかり電話が利用できました。
内線通話、外線発信、外線受けを、wifiと3Gのどちらでも行うことができました。
もっとも、3Gの場合は通信環境にもよるのでしょうが通話品質がかなり悪いことがあるため、携帯電話の代わりとして常用するのは難しいかもしれないです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。