物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ひかり電話PR-S300NEのアナログ電話とSIPクライアントが通信できない場合の対処方法

BフレッツのままPCからひかり電話が使えるようにできました などで、SIPクライアントでひかり電話を使えるようにしましたが、SIPクライアントからアナログ電話に内線をかけると、アナログ電話で受話したときにすぐに切れてしまい内線が利用できないことがわかりました。

アナログ電話からSIPクライアントに内線をかけた場合は問題なく利用できます。

SIPクライアントがビデオありの情報を送るからだめ、という情報があったので、SIPクライアントでビデオを利用しない設定をしたり、PR-S300NEで音声専用端末の設定をしたのですが、現象は変わりませんでした。
Android用SIPクライアント | 心にうつりゆくよしなしごと

PR-S300NEとはdd-wrtのNAT経由で接続しているためNATによる問題と考え、dd-wrtのmilkfishというSIPサーバー兼SIPプロキシを使い、SIPプロキシ経由で利用しようとしたのですが、06-14-11-r17201 ではmilkfishが動きませんでした。
いろいろ試したところ、04-09-11-r16785 で動くことが判ったので、DDNSなどの問題と同じようにバージョンによるものだったようです。

SIPプロキシ機能を利用して接続したのですが、現象は変わりませんでした。
SIPサーバー機能を利用してSIPクライアント同士の利用は簡単にできたのですが、別のSIPサーバーにSIPクライアントとして接続する機能はないため、SIPサーバー機能ではひかり電話を使うことができませんでした。

milkfishにはいくつもの提供方式があり、Boozy MilkfishであればSIPクライアントとして別のSIPサーバー接続できるようですが、WZR-HP-G301NHなどで動かすことができませんでした。
wiki.milkfish.org | Boozy / StepByStep


フリーのSIPサーバーとしてAstriskがありますが、これはSIPクライアントとして別のSIPサーバーに接続できます。
OpenWRTでパッケージが提供されているのですが、インストールしただけで設定を行うのが面倒でとまっています。


下記のようにDTMFの問題かもと考えたのですが、普通の通話であればDTMFは関係ありません。
FreeSWITCHをひかり電話の外線通話に自動応答させられた | 心にうつりゆくよしなしごと
VoIP - マイコン工作実験日記

ただし、VoIP - マイコン工作実験日記 にあるようにひかり電話ではナンバーディスプレイが使えますが、ナンバーディスプレイが影響しているのではと考え、PR-S300NEでアナログ電話のナンバーディスプレイを使用するのチェックを外したところ、問題なくSIPクライアントからアナログ電話への内線通話が行えるようになりました。

SIPクライアントでひかり電話を使うというのをInternetでいくつも見たのですが、ナンバーディスプレイの設定を無効にするというのを見たことがなかったため、解決に時間がかかりました。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。