物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

gargoyleファームが安定しませんでした

OpenWRTでのClient設定に関して で見つけた、gargoyleファームをインストールしてみました。

Gargoyle Router Management Utility から、Lafonera+とWZR-HP-G300NH用の1.3.14をダウンロードして、OpenWRT稼働中の環境からバージョンアップと同じ手順でインストールしました。

ダウンロードページにある初期パスワードでログインして、設定を行いました。
Connection>Basicでクライアント設定を行いました。

Device Configuration>Configure Device As にて、Gateway (Default) と Wireless Bridge/Repeater があるので、Wireless Bridge/Repeater を選択しました。
注意点としては、Repeater機能があるため Repeater で Repeater Disable にしないと、無線PCなどを接続することができてしまいます。また、SSID Join と SSID to Broadcast を同じSSIDとしてしまい、動作がおかしくなってしまいました。
リセットボタンを長押しして初期化することで、再度設定ができるようになりました。

Repeaterを利用する場合、ath0.1が作られてath0のMACアドレス最上位だけが変わっていました。
また、ath0と一緒にbr-lanのブリッジに割り当てられて、フラットに通信ができるようになっています。

クライアントとして設定したところ、APと接続が行えて、配下のPCとの通信も行えました。
QoS機能やWZR-HP-G300NHではUSBストレージ機能もありますが、Status画面に無線状態などが確認できるものがなく、少し物足りない感じがします。
また、無線チャンネルが11までした設定できない、自動選択ができない、など不便な点がありました。
とくに無線チャンネルが11までしか選択できないのは、APのチャンネルを13にしていたので接続できませんでした。

sshで接続したところ、ログインバナーはOpenWRTでしたので、OpenWRTの派生という扱いでしょうか。

最初は問題なかった通信速度が途中から遅くなったり行えなくなったりして、再起動・電源再投入・AP再起動を行っても改善しませんでした。
WZR-HP-G300NHでこの現象が出たのですが、Lafonera+でも同じ現象となりどちらも改善しませんでした。

ただし、夜にWZR-HP-G300NHを起動して、FirewallのConnection LimitsでTCP Timeoutを減らしたところ、問題ない通信速度になりました。

クライアントとして使えるのは便利なので、動作状況の確認と合わせてチェックしていくようにします。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。