物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

OpenWRTでのClient設定に関して

WZR-HP-G300NHへOpenWRTをインストールしました と LaFonera+へのOpenWRTインストールとバージョンアップ でOpenWRTをインストールしました。

WZR-HP-G300NHは10.03.1-RC4で無線APにつながらないため、Web管理画面から10.03.1-RC5をインストールしました。
RC-5で無線APと接続できましたが、配下のPCとの通信が行えないので、10.03をインストールしましたが無線機能が使えませんでした。
kmod-madwifi、wpa-supplicant、kmod-ath9k などをインストールすることで無線機能が使えるようになりましたが、Lafonera+と同じようにTKIPとなりAPと接続できませんでした。
LaFonera+と同じように、/etc/config/wirelessでpsk2をpsk2+ccmpにしたところ、APと接続できました。
ただし、設定画面ではNo Ecnryptiuonとなりました。

クライアント設定がうまく動かないので調べたところ、Client Mode Wireless - OpenWrt Wiki によるとBrodcom以外ではクライアントモードでのARP処理がうまくできず、同一セグメントでの動作ができないようです。

Bridged Client Mode (with relayd) という、無線は同一セグメント、LANを別セグメントにする設定を行うことで、LANに接続するPCは同一セグメントで利用できるということですが、設定が面倒なようです。

また同じページには、クライアント設定で同一セグメントが行えるGargoyleファームがあるということが紹介されていました。
dd-wrtのLafoneraでは、2010/08/07以前だとクライアント設定で同一セグメントが使えたので、Openwrtでもdd-wrtでもクライアント設定をまた利用できるようにしてほしいところです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。