物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

LaFonera+へのOpenWRTインストールとバージョンアップ

WZR-HP-G300NHへOpenWRTをインストールしました ので、LaFonera+もOpenWRTをインストールしてみました。

俺日記 : La Fonera+にOpenWrtをインストール を参考にインストールしましたが、シリアルコンソールがうまく動かなかったためRedbootへtelnetで接続して行いました。
PCのFirewallでブロックされたり、直接接続だとタイミングが取れないため別のルーターにつないだりと、ひさしぶるにやったので面倒でした。
また、La Fonera+にTelnetクライアントからアクセスする を参考に、Redbootのtelnet可能時間を長くしたり、自動起動するように設定を変更しました。
fconfig
fis load -l vmlinux.bin.l7
exec
fconfig boot_script_timeout 10


Clientに設置したのですがAPにつながらず、AP設定にしたところPCが接続できるので、無線機能は動いています。
Client設置したWZR-HP-G300NHもつながりますが、その配下のPCとは通信ができません。

暗号化なしのFON Publicには接続できるので、Client設定APにつながらないのは暗号化関係のようです。
Web管理画面で見るとAESでなくTKIPになっているので、暗号化がAESで羽後書いていないためつながらないようです。

インストールしたのが10.03.1-rc4だったので、10.03.1-RC5-testing をインストールすることにしました。
Lafonera系はインストールにファイルが二つ必要なため、Web管理画面でインストールできないため手順を探したところ、Fonera - OpenWrt Wiki が見つかり、次の手順でアップグレードしました。
wget http://downloads.openwrt.org/snapshots/backfire/10.03.1-RC5-testing/atheros/openwrt-atheros-root.squashfs
wget http://downloads.openwrt.org/snapshots/backfire/10.03.1-RC5-testing/atheros/openwrt-atheros-vmlinux.lzma
mtd -e vmlinux.bin.l7 write openwrt-atheros-vmlinux.lzma vmlinux.bin.l7
mtd -e rootfs write openwrt-atheros-root.squashfs rootfs
reboot

問題なく動きましたが、Client設定でのAPへの接続はできませんでした。

Wireless configuration - OpenWrt Wiki のWPA Modesを見ると、/etc/config/wirelessのオプションが記載されています。

設定ではpsk2になっているので、WPA2 Personal (PSK):CCMP で動いているはずです。
ただし、psk2+ccmp、psk2+aes という書き方もあるので試したところ、psk2+ccmpであればAPと接続できました。
また、GUIのステータスでは、TKIPと表示されます。
しかし、WZR-HP-G300NHのClientと同じで、配下のPCとは通信が行えませんでした。

Firewallをoffにしたり、LANのforwardingがrejectになっていたのはallowにしても状況は変わりませんでした。
クライアント設定に関してはいろいろと確認していくようにします。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。