物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

OpenWRTでMarvell Orionをコンパイルする時の注意点

久しぶりにOpenWRTをコンパイルして、WZR-AMPG144NHの無線NICが動くかを試そうとしたのですが、コンパイルエラーで完了しませんでした。

以前から使用していたFedora12の環境なのですが、26458でダメだったので別の日に、26505と26583で行ったのですが、同じように package/kernel compile の後にエラーが発生します。
Brodcomでは問題なくコンパイルが完了するので、Marvell Orionでコンパイルしたときの問題です。

V=99オプションをつけて確認したところ、次のようになっていました。

SHELL= /home/user1/backfire26583/staging_dir/host/bin/flock

/home/user1/backfire26583/tmp/.root-copy.flock -c 'cp -fpR

/home/user1/backfire26583/staging_dir/target-arm_v5t_uClibc-0.9.32_eabi/root-orion/tmp-kernel/.

/home/user1/backfire26583/staging_dir/target-arm_v5t_uClibc-0.9.32_eabi/root-orion/'
rm -rf /home/user1/backfire26583/staging_dir/target-arm_v5t_uClibc-0.9.32_eabi/root-orion/tmp-

kernel
touch /home/user1/backfire26583/staging_dir/target-arm_v5t_uClibc-0.9.32_eabi/root-

orion/stamp/.kernel_installed
WARNING: skipping kmod-md-mod -- package not selected
WARNING: skipping kmod-md-linear -- package not selected
WARNING: skipping kmod-md-raid0 -- package not selected
WARNING: skipping kmod-md-raid1 -- package not selected
WARNING: skipping kmod-md-raid10 -- package not selected
WARNING: skipping kmod-md-raid456 -- package not selected
WARNING: skipping kmod-md-multipath -- package not selected
WARNING: kmod-crypto-core is not available in the kernel config
mkdir -p /home/user1/backfire26583/bin/orion/packages

/home/user1/backfire26583/build_dir/linux-orion_generic/packages/ipkg-orion/kmod-crypto-

hash/CONTROL
mkdir -p /home/user1/backfire26583/build_dir/linux-orion_generic/packages/ipkg-orion/kmod-

crypto-hash/lib/modules/2.6.37.6
cp -fpR -L /home/user1/backfire26583/build_dir/linux-orion_generic/linux-

2.6.37.6/crypto/crypto_hash.ko /home/user1/backfire26583/build_dir/linux-

orion_generic/packages/ipkg-orion/kmod-crypto-hash/lib/modules/2.6.37.6/
cp: cannot stat `/home/user1/backfire26583/build_dir/linux-orion_generic/linux-

2.6.37.6/crypto/crypto_hash.ko': No such file or directory
make[3]: *** [/home/user1/backfire26583/bin/orion/packages/kmod-crypto-hash_2.6.37.6-

1_orion.ipk] Error 1
make[3]: Leaving directory `/home/user1/backfire26583/package/kernel'
make[2]: *** [package/kernel/compile] Error 2
make[2]: Leaving directory `/home/user1/backfire26583'
make[1]: *** [/home/user1/backfire26583/staging_dir/target-arm_v5t_uClibc-

0.9.32_eabi/stamp/.package_compile] Error 2
make[1]: Leaving directory `/home/user1/backfire26583'
make: *** [world] エラー 2


下記のエラーがあるので、Kernel modules>Cryptographic API modules でいくつかのものを有効にしてコンパイルしました
WARNING: kmod-crypto-core is not available in the kernel config
しかし、別のエラーが発生しました。
make[2]: *** [package/feeds/packages/loop-aes/compile] Error 2


Internetで検索したところ、下記の情報がありました。
https://forum.openwrt.org/viewtopic.php?id=26854
https://forum.openwrt.org/viewtopic.php?id=28706
これによると、GCCのバージョンが、4.4.5以降だとエラーになり、4.4.1だと大丈夫とのことです。


Fedora12のgccは、4.4.2でした。
gcc version 4.4.2 20091027 (Red Hat 4.4.2-7) (GCC)

Centos5.6があったので確認すると、4.1.2でした。
gcc バージョン 4.1.2 20080704 (Red Hat 4.1.2-50)


Centos5.6でコンパイルを行おうとしたのですが、make defconfig でgitが無くてエラーとなるためコンパイルできませんでした。
Build dependency: Please install git (git-core).

Prerequisite check failed. Use FORCE=1 to override.
make: *** [tmp/.prereq-build] エラー 1


Centosでは、gitをパッケージマネージャからインストールできないため、CentOS 5.1にGitをパッケージで入れる を参考にインストールしました。
http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/ から下記三つのrpmをダウンロードして、まとめてインストールしました。
http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/git-1.7.4.1-1.el5.i386.rpm
http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/perl-Error-0.17010-1.el5.noarch.rpm
http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/perl-Git-1.7.4.1-1.el5.i386.rpm
rpm -Uvh perl-* git-1.7.4.1-1.el5.i386.rpm


Centos5.6のgcc4.1.2でコンパイルしたのですが、同じエラーとなりました。

Fedora14 をインストールして、gcc4.5.1でコンパイルしたのですが、同じエラーとなりました。
gcc version 4.5.1 20100924 (Red Hat 4.5.1-4) (GCC)


BrodcomとMarvell Orionのコンパイルオプションの違いを確認したところ、Marvell Orionでは下記が有効になっていたため、これをoffにしたところコンパイルが完了しました。
Kernel modules>Cryptographic API modules>kmod-crypto-mv-cesa

kmod-crypto-mv-cesa をMにすると、下記二つももMとなりますが、コンパイルするとエラーとなります。
kmod-crypto-hash
kmod-crypto-manager

このため、現時点でMarvell Orionをコンパイルするときは、kmod-crypto-mv-cesaをoffにして行うことにしました。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014年09月29日(Mon)23:17 [EDIT]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2015年01月21日(Wed)16:08 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。