物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

RD-X6のDLNAを無線LANで見るときの設定

RD-X6にはDLNAサーバー機能があるため、DLNAクライアントを使って録画してある番組を見ることができます。
もっとも、DTCP-IPには対応していないため、デジタル放送を見る事はできません。RD-X8以降であればDTCP-IPに対応しているので、デジタル放送も見れるようです。

VAIO MeDiaとRDLNA+vlcを使ってDLNAを見る事ができるように設定してありますが、11g無線LAN経由だとしょっちゅう止まってしまうため、ほとんど使っていませんでした。
このところ録画したものを見る頻度が多いため、DLNAでスムーズに見る事ができるないか考えてみました。

ストリーミングを見る場合、ローカルキャッシュがあれば通信が遅くなった場合にカバーしてくれるので、設定を変更できないか探したところ、VAIO Mediaには設定がありませんでした。
設定できるのは、元の映像のまま見る・MPEG4(1Mbps or 640k)に変換して見る、しかなく、MPEG4に変換するのはDLNAサーバー側のRD-X6で行う事になり、対応していないため利用できませんでした。

vlcの設定を見たのですがわからず、Internetを検索したところ、設定の表示をすべてにする事で設定できることが判りました。
入力/コーデックでキャッシュを設定できますが、RDLNA+vlcの場合はhttpで通信をしているため、HTTP(S)のキャッシュ値(ミリ秒)を変更しました。
デフォルトは1200だったので、12000や30000にしたのですが止まるため、60000にしたところ問題なく見る事ができるようになりました。

ただし、再生を始めてから表示が始まるまでは数十秒かかるようになり、再生位置を変更した場合も同じぐらいかかるようになりました。
データ量は表示されるまでが変更前の倍ぐらいありますが、表示されてからは同じぐらいになりますが、表示を始めながらキャッシュを貯めてくれるともっと使いやすいと思いました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。