物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

LafoneraでもClientBridgeモードがうまく動かないバージョンがあります

WLI-TX4-G54HP と Lafonera にdd-wrtをインストールして、ClientBridgeモードで利用しています。
どちらも通信がうまくできなくなり、再起動しても現象が変わりませんでした。
WZR2-G108を再起動したところ問題なく接続できたので、AP側の問題でした。

WZR2-G108を再起動する前に、Lafoneraのファームが DD-WRT v24-sp2 (04/16/10) std  と古かったので、最新の 02-17-11-r16214 にWeb管理画面からアップグレードしました。
アップグレードは問題なく完了したのですが、通信ができませんでした。

12-24-10-r15962 に変更しようとWeb管理画面から更新したところ、残り200sぐらいで更新に失敗しましたと表示されました。
そのままカウントして行き、Web管理画面が表示されたので再起動したところ、再起動を繰り返して使用できなくなりました。
シリアルコンソールで確認したところ、下記のエラーが発生していました。

Kernel panic - not syncing: VFS: Unable to mount root fs on unknown-block(31,2)

v24RC7をインストールしてみました を元に、Redbootから 02-17-11-r16214 を書き込んだところ、やはりAPと通信が行えませんでした。
設定をクリアして再度行っても、現象は変わりませんでした。

Web管理画面から、12-18-10-r15940 を書き込んだところ、同じように131sで更新に失敗したと表示され、再起動後に再起動を繰り返すようになりました。

再度Redbootから書き込んでAPモードにて設定したところ、問題なくPCと通信ができますが、ClientBridgeにすると通信ができません。

以前使用していた DD-WRT v24-sp2 (04/16/10) std  を書き込んだところ、問題なくAPと通信ができるので、バージョンを入れ替えてチェックしたところ、08-07-10-r14896 まではClietnBridgeを問題なく利用できますが、08-12-10-r14929 では利用できませんでした。

このため、LaFoneraでは 08-07-10-r14896 を利用する事にしました。

WZR-HP-G300NHでもClientBridgeが安定しないので、08-07-10-r14896 をインストールして動作を確認してみます。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。