物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WZR-HP-G54へのDD-WRT導入3

WZR-HP-G54の復旧に必要なパーツが届いたので、早速作業を開始します。

まず、9-KEケーブルを切断してWZR-HP-G54の基盤にケーブルをそのまま差し込みます。この状態で電源を入れたところ、コンソール画面に起動時の様子が表示されました。WZR-HP-G54昇天! あたらし物好きの実験ブログにあるのと同じ状況です。しかしコンソールからの入力ができません。

まあ、コンソールの入力は後でどうにかするとして、作業を進めます。
シリアルとJTAG用のピンヘッダーを基盤に立てます。
WZR-HP-G54 all

WZR-HP-G54 pin
シリアル4pinは、左からTX:RX:VCC:GND(PCへのTX・RXで記載)です。

9-KEもLEDケーブルを切って接続します。下の写真は、27kΩ抵抗を入れたもので、この時点では、抵抗無でつないでいました。
9-KE all

9-KE connect

JTAGケーブルもWRT54G/GS EJTAG Debrick Utility v4.8の中にある簡易版回路にしたがって作成しました。
JTAG1

JTAG2

JTAG3

PCとWZR-HP-G54を、作成したJTAGとシリアルコンソールケーブルで接続します。
WZR-HP-G54 復活への道程 補足 あたらし物好きの実験ブログに従い、PCでJTAGが使えるようにします。
・giveio.sysをc:\windows\system32\driversにコピー
・loaddrv.exeを実行し、c:\windows\system32\drivers\giveio.sysを指定して、 Install、Startします。
WZR-HP-G54 復活への道程 2 あたらし物好きの実験ブログにあるように、JTAGでアクセスすると、次のようなメッセージが表示されます。
C:\Temp\wrt54g\windows>wrt54g -probeonly

====================================
WRT54G/GS EJTAG Debrick Utility v4.8
====================================

Probing bus ... Done

Instruction Length set to 8

CPU Chip ID: 00000100011100000100000101111111 (0470417F)
*** Found a Broadcom BCM4704 Rev 8 CPU chip ***

- EJTAG IMPCODE ....... : 00000000100000000000100100000100 (00800904)
- EJTAG Version ....... : 1 or 2.0
- EJTAG DMA Support ... : Yes

Issuing Processor / Peripheral Reset ... Done
Enabling Memory Writes ... Done
Halting Processor ... ... Done
Clearing Watchdog ... Done

Probing Flash at (Flash Window: 0x1fc00000) ... Done

Flash Vendor ID: 00000000000000000000000011000010 (000000C2)
Flash Device ID: 00000000000000000010001010100111 (000022A7)
*** Found a MX29LV320T 2Mx16 TopB (4MB) Flash Chip ***

- Flash Chip Window Start .... : 1fc00000
- Flash Chip Window Length ... : 00400000
- Selected Area Start ........ : 00000000
- Selected Area Length ....... : 00000000



*** REQUESTED OPERATION IS COMPLETE ***

ひとつ気になるのは、Processor Entered Debug Mode!になっていることです。
パーツが届く前に、本体をあけてNVRAMのリセットを試みるため、NVRAMのピンのいくつかをGNDしたりショートさせた影響でしょうか。

とりあえず、cfeをバックアップして、nvramとkerrnelを削除しました。
WZR-HP-G54を再起動すると、192.168.1.1からPINGが帰ってきます。
これで、tftpによるファームウェアの書き込みができるようになりました。

次は、ファームウェアの再書き込みです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。