物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

OpenWRT10.03でのOpenVPN静的証明書接続が出来ました

OpenWRT10.03へのパッケージインストール:OpenVPN でOpenWRTにOpenVPNをインストールしたので、WindowsのOpenVPNサーバーと静的証明書で接続してみました。

Services>OpenVPNを開き、下に設定名を登録し、プルダウンメニューからSimple client configuration for a routed point-to-point VPN を選択し、AddEntryをクリックします。

Configure device to use IP address に、Windows版のOpenVPN1 のClient側の設定ファイルのifconfigの値 10.8.0.2 10.8.0.1 を登録します。
Remote host name or ip address にOpenVPNサーバーアドレスを登録します。
プルダウンメニューから Enable Static Key encryption mode (non-TLS) を選択し、AddEntryをクリックします。参照ボタンを押して、static.keyを読み込ませます。
Save & Applyをクリックしてから、Services>OpenVPNを開きなおし、作成した設定名行のEnabledをチェックします。

Services>Initscriptsで、openvpnのEnableをクリックして、StartをクリックすることでOpenVPNが起動し、サーバーと接続されました。
ルーター側からOpenVPNサーバー側のOpenVPN IPへ通信が出来るのですが、OpenVPNサーバー側からOpenWRTのOpenVPN IPへの通信が出来ませんでしたが、フィルターの設定を変更する必要があるのでしょうか。
OpenVPNサーバーから通信できました。通信できなかったのは、Windows版OpenVPNとdd-wrtのOpenVPNクライアントの接続2 の場合でした。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。