物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Windows版のOpenVPN1

dd-wrtでOpenVPNを動かしたいのですが、設定方法など良くわからないため、Windows版で検証をしてみました。

OpenVPN.JP からOpenVPN 2.1.1 日本語版 第2版をダウンロードして、2台のWindowsXPにインストールしました。

まずは簡単に動く静的鍵方式を、静的鍵 Mini-HOWTO を参考に設定しました。

証明書を下記のコマンドで作成します。
openvpn --genkey --secret static.key
この証明書を、ServerとClientのOpenVPNフォルダ(C:\Program Files\OpenVPN\config)に配置します。

ServerとClient用の設定ファイルを作成し、それぞれのOpenVPNフォルダ(C:\Program Files\OpenVPN\config)に配置します。

Server側の設定ファイル:server.ovpn
dev tun
ifconfig 10.8.0.1 10.8.0.2
secret static.key

Client側の設定ファイル:client.ovpn
remote OpenVPNサーバー名orIP
dev tun
ifconfig 10.8.0.2 10.8.0.1
secret static.key

OpenVPN GUIを起動し、タスクバーのアイコンを右クリックして接続を、Server・Clientの順に行うことで、OpeVPNで接続されて10.8.0.1と10.8.0.2の間で通信が出来るようになりました。

その後下記のパラメーターを増やしていき、動作確認をしましたが、問題なく接続し通信が出来ました。
comp-lzo
keepalive 10 60
ping-timer-rem
persist-tun
persist-key


次は証明書方式での接続を検証して行きます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。