物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

LaFoneraへのDD-WRTインストール1

LaFoneraDD-WRTをインストールしました。

Nekomimi.BETAさんを参考に行いました。
http://d.hatena.ne.jp/nekomimies/20070120

本体をあけて9-KEケーブルを接続したのですが、ボーレートを115200にしていたら、応答が何もありませんでした。
ボーレートを9600に落とすことで、入出力が行えるようになりました。
2007/04/21追記:http://monozukisya.blog92.fc2.com/blog-entry-41.htmlにあるように、RedBootのボーレートを115200に変更できます。

2007/02/28のファイル、root.fsとvmlinux.bin.l7をダウンロードして、TFTPDで公開しました。

LaFoneraの起動を途中で止めて、下記を入力していきましたが、エラーが発生しました。
RedBoot> ip_address -l 192.168.0.2/24 -h 192.168.0.3
IP: 192.168.0.2/255.255.255.0, Gateway: 0.0.0.0
Default server: 192.168.0.3
RedBoot> fis init
About to initialize [format] FLASH image system - continue (y/n)? y
*** Initialize FLASH Image System
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot> load -r -v b 0x80041000 root.fs
** Error: file name already specified
** Error: file name already specified

参考にしたページでのvmlinux.bin.l7と見比べたところ、root.fs のbオプションに - がついていませんでした。
このため、-bに変更して実行したところ、問題なく継続できました。
 
RedBoot> fis init
About to initialize [format] FLASH image system - continue (y/n)? y
*** Initialize FLASH Image System
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot> load -r -v -b 0x80041000 root.fs
Using default protocol (TFTP)
|
Raw file loaded 0x80041000-0x802fcfff, assumed entry at 0x80041000
RedBoot> fis create -b 0x80041000 -f 0xA8030000 -l 0x002C0000 -e 0x00000000 root.fs
... Erase from 0xa8030000-0xa82f0000: ............................................
... Program from 0x80041000-0x80301000 at 0xa8030000: ............................................
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot> load -r -v -b 0x80041000 vmlinux.bin.l7
Using default protocol (TFTP)
-
Raw file loaded 0x80041000-0x80100fff, assumed entry at 0x80041000
2007/04/21修正: LaFoneraのトラブルに関して2参照
RedBoot> fis create -r 0x80041000 -e 0x80041000 vmlinux.bin.l7
... Erase from 0xa82f0000-0xa83b0000: ............
... Program from 0x80041000-0x80101000 at 0xa82f0000: ............
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .

RedBoot> fis create -r 0x80041000 -e 0x80041000 -l 0x000E0000 vmlinux.bin.l7
... Erase from 0xa82f0000-0xa83d0000: ..............
... Program from 0x80041000-0x80101000 at 0xa82f0000: ............
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .

RedBoot> fis create -f 0xA83D0000 -l 0x00010000 -n nvram
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot> reset

再起動中のRedBootではコンソール表示が正常でしたが、DD-WRTの処理が始まってからコンソール画面が乱れました。
シリアルのボーレートを115200に変更したところ、入出力が正常になりました。

つぎは、DD-WRTの設定をしていきます。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

カーネルのttyが115200だということのようですから、redbootの段階のシリアルの速度も115200に設定すれば、全て同じボーレートで通せるのではないでしょうか?設定項目にそういう物があったと思います。

あおしま | URL | 2007年03月10日(Sat)08:57 [EDIT]


なるほど、redbootの速度を変更することができるのですね。
早速設定しました。ありがとうございます。
http://monozukisya.blog92.fc2.com/blog-entry-41.html

物好き者 | URL | 2007年03月10日(Sat)12:43 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。