物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

XPモードからVMwrePlayer全画面表示へ移行しました

Windows7 XPモード でのNetScreenRemote動作とリモートデスクトップ接続とマルチディスプレイでの制限 にて、XPモードをマルチディスプレイで表示し、リモートデスクトップで使用することが出来ました。

使用していると次の不具合があり、使いにくいことが判りました。
・リモートデスクトップを使用中に最小化すると、ローカルPCのデスクトップが表示されない場合がある。
・XPモードでアプリケーションを開いた場合、RemoteAppで開かれているのでリモートデスクトップで動いていることになるため、XPモードでリモートデスクトップを使用すると、リモートデスクトップで接続したPCにショートカットキーを送ることが出来ない。Ctrl+Alt+Endを実行すると、XPモードのWindowsセキュリティ画面が表示される。

このため、VMwarePlayer3のユニティモードを試してみました。

VMwarePlayer3にてXPmodeのデータを取り込み、ユニティモードを使用することでXPmodeのアプリケーション表示と同じことが行えます。
VMwarePlayer3のWindowsXPにNetScreenRemoteをインストールして、ユニティモードでリモートデスクトップ接続を使用することは出来ました。
ただし、ユニティモードで起動した全画面表示にリモートデスクトップ接続画面を一度最小化すると、リモートデスクトップ内で次の不具合がありました。
・自動的に隠す設定にしているスタートメニューが表示できない
・自動的に隠す設定にしているリモートデスクトップ接続の接続バーが表示できない

ユニティモードの枠表示をやめても、現象は変わりません。
リモートデスクトップ内のデスクトップをクリック、tabキーを押すことでスタートメニューを表示できます。
また、スタートメニューまたは接続バーが表示される位置までデスクトップをドラッグすることで、どちらも表示させることが出来ます。
ただし、デスクトップを表示させる必要があるため、アプリケーションを最小化したりする必要があります。

リモートデスクトップ接続に対するショートカットキーは使用できますが、Windowsキーを押してスタートメニューを表示させようとすると、Windows7側のスタートメニューが表示されてしまいます。
また、ショートカットキーでは、接続バーを表示させることが出来ます。


VMwareWorkstation7.01がリリースされ、同梱のPlayerも3.01となっています。単体のPlayer3.01がまだリリースされていないので、Workstation7.01をインストールしてPlaer3.01を使用してみました。
しかし、ユニティモードでの動作は変わりませんでした。


ユニティモードでの使用を考えていましたが、VMware仮想PCでは全画面表示させることが出来ます。
全画面表示させた中でリモートデスクトップ接続を全画面表示させたところ、ユニティモードで発生した問題が無く使用することが出来ました。
ローカルPCを使用する場合には、リモートデスクトップ接続を最小化せずVMware仮想PCを最小化することですぐに使用できます。

VMwareの場合仮想PCを休止状態にするには、仮想PCのメニューバーで容易に行えます。


こららを考えて、XPmodeからVMware全画面を使用するようにしました。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。