物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Windows7 XPモード でのNetScreenRemote動作とリモートデスクトップ接続とマルチディスプレイでの制限

Windows7では、NetScreenRemoteというIP Sec-VPNクライアントソフトが使用できません。今後もサポートする予定がないそうです。このソフトが使用できないとVPN接続が出来ないため、悩んでいました。

Windows7にあるXPモードは、WindowsXPをVirtualPCで動かしているので、NetScreenRemoteをインストールしたところ問題なく動作しました。
しかも、XPモードのネットワーク構成がNATでも問題ありませんでした。


リモートデスクトップ接続に関しても、XPモード内で設定したものを、Windows7からアプリケーションとして起動させることができました。
NetScreenRemoteで接続した先のネットワークにあるPCを、Windows7からリモートデスクトップで使用できます。

これが出来ない場合は、XPモードのWindowsXPでルーティングさせることも考えていました。


RATOC の USB2.0 マルチディスプレイアダプタ (DVI/VGA両対応) REX-USBDVI を使用してマルチディスプレイを使用していますが、複数画面でのXPモードの動作を確認しましたが、XPモードのアプリケーションをマルチディスプレイで動かすには、制限がありました。

最初、PCのディスプレイを右、REX-USBDVIを左に配置する設定を行い、プライマリディスプレイをPCのディスプレイにしていました。
この状態だと、XPモードのアプリケーションを2画面に渡って表示させることが出来ませんでした。
ディスプレイ上の認識座標は、プライマリディスプレイの左上が0.0になるため、REX-USBDVIの座礁がマイナスになるためでした。

PCのディスプレイを左、REX-USBDVIを右に配置することで、XPモードのアプリケーションを2画面に渡って表示させることが出来ました。
ただ、2画面を常時使わないのと、ディスプレイアームの配置からこの状態で使うのが面倒です。

解決策として、REX-USBDVIをプライマリディスプレイに設定することで、REX-USBDVIを左、PCディスプレイを右に配置しても、認識座標がマイナスとならないため、問題なく使用できます。
また、REX-USBDVIを接続しない場合、自動でプライマリディスプレイがPCに移行し、接続した場合も自動でプライマリディスプレイがREX-USDVIに移行するため、使用には問題ありません。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。