物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

複数SSIDに関して

dd-wrtの仮想インターフェースには独自の無線暗号方式が設定できました では、dd-wrtでの仮想無線インターフェースの追加とインターフェース別の暗号化設定ができることがわかりました。
しかし、仮想無線インターフェースのSSIDが公開できない・接続できない、という状況でした。

v24preSP2 を使用していたので、v24SP1 vpnに入れ替えてみました。
しかし、現象は変わらず、初期化・再設定を行っても現象は変わりませんでした。

LaFoneraをクライアントモードで仮想アクセスポイントを使う覚え書き - kuroの覚え書き では、LaFoneraにインストールしたdd-wrtで無線クライアントとした場合に、仮想インターフェースのSSIDが使用できるようになりました。
ただし、dd-wrtが無線クライアントなので、SSIDを発信しているのは仮想インターフェースだけとなります。

WZR-RS-G54にインストールしたdd-wrtでは、無線モードをクライアントとした場合、仮想インターフェースの項目が表示されなくなり、設定することができませんでした。

Repeterにした場合には、仮想インターフェース項目が表示され、設定することで仮想インターフェースのSSIDが表示されるようになりました。ただし、上記クライアントモードと同様に物理インターフェースは無線APへの接続に使用するため、SSIDは仮想インターフェースだけが発信されるだけです。

代替無線ファームウェアDD-WRT の321では、複数のSSIDビーコンは飛ばせないけど接続できると書かれていました。


下記のページでは、dd-wrtでMultiSSIDができるとかかれており、Linksys WRT54GL v1.1 と Linksys WRT310N では行えているようです。
ただし、iptableやDHCPの調整が必要なようです。
Dual SSID one for public network - DD-WRT Wiki 
Multiple BSSIDs with DD-WRT - Interactive HowTo

もう少し調べてみることにします。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。