物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WZR2-G108では、dd-wrt v24・v24SP1は動作しませんでした

WZR2-G108のシリアルとJTAG接続 でcfeのバックアップができたので、dd-wrtをインストールしてみました。

シリアルコンソールから入力が行えないので、WZR-RS-G54のフラッシュバックアップに失敗しました と時のように動きを確認しながらできませんでした。

起動時に初期IP:192.168.11.1へのPing応答が無いのですが、WZR-G108の時はPCのアープテーブルに設定する必要がありましたので、同じようにアープテーブルを設定したところ、ping応答がかえるようになりました。

tftpコマンドでv24SP1をインストールしたのですが、再起動を繰り返してしまいました。

Booting device: Buffalo WZR series
boardflags are 0x0010
enable Afterburner, boardflags are 0x0210
eth2: No such device
nvram_commit(): end
sh: cannot create /proc/sys/net/ipv4/tcp_congestion_control: nonexistent directory
No such device
nvram_commit(): end
wl:-i down ->wl driver adapter not found
Write wireless mac fail : : No such device
wl:-i up ->wl driver adapter not found
br0: Bad file descriptor
wl:vlan_mode 0 ->wl driver adapter not found
/usr/sbin/wl:radio on ->wl driver adapter not found
nvram_commit(): end
Restarting system.

純正のArigo無線NICを外していたので、WZR-G144Nの無線NICを取り付けましたが変わりませんでした。
WZR-G144NではV24SP1をインストールすると再起動を繰り返していたので、V24をインストールしたのですが、現象は変わりませんでした。
このためpreSP2-vpnの09-05-21をインストールしたところ、問題なく動作しました。
しかし、jffs設定がありませんでした。

とりあえずいろいろ設定を行っていったのですが、管理>管理で更新を行ったところパスワードがおかしくなったようでログインできなくなってしまいました。
ssh設定を有効にしていたのでsshで接続したところ、問題なくログインできました。
nvramの設定を見たところ、http_passwdとnewhttp_passwdがあったので、クリアしたところ、ログインできるようになりました。
root@wzr2-g108:~# nvram set http_passwd=
root@wzr2-g108:~# nvram set newhttp_passwd=
root@wzr2-g108:~# nvram show | grep http_passwd
http_passwd=
newhttp_passwd=
size: 22574 bytes (10194 left)
root@wzr2-g108:~# nvram commit
nvram_commit(): end

念のため初期化設定しようとWeb管理画面で実行したのですが、初期化されませんでした。
jffsが無いのでminiの09-05-18をtftpでインストールしましたが、設定はそのままでした。
再度初期化を実行しましたが、初期化されませんでした。
Web管理画面でファームを上書きするときに初期化を選択しましたが、やはり初期化されませんでした。

jffsを有効にしたところ、4.8M/4.5Mとなりました。
無線NICのMACアドレスは、有線LAN+2になりました。

とりあえず、WZR-HP-G54と入れ替えてインターネット接続用ルーターとして使用して、様子を見ることにしましたが、SP2が早く出てほしいところです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。