物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WZR-HP-G54へのDD-WRT導入2

WZR-HP-G54の復旧を始めることにしました。
WZR-HP-G54 復活への道程 1 あたらし物好きの実験ブログを参考にしました。

必要なものは、NVRAMの内容を読み書きするためのJTAGケーブルと、シリアルコンソールに接続するためのケーブルです。
JTAGケーブルは、完成品やキットを購入するととても高価です。
WRT54G/GS EJTAG Debrick Utility v4.8の中にある簡易版回路図を見ると、100Ω抵抗・D-SUB25コネクタ・ケーブルがあれば自作できるので、これを作ることにしました。
シリアルコンソールは、カモン9-KEというものが安く接続実績もあるということで、これを使用します。
WZR-HP-G54と接続する場合は、基盤側に2.54mmのピンヘッダーを立てて、そこにLEDケーブルを加工したピンを差し込むことで使いやすいとのことですので、ピンヘッダーとLEDケーブルを使用します。

これらを購入するには、秋葉原をぶらっとすればすぐに揃うのですが、交通費を考えると通販のほうが安そうです。
調べたところ、千石電商 WEBショップで全て揃い、しかも代引きでも手数料不要ということで、ここで購入しました。
・カーボン抵抗 1/4W 100Ω X 10
・YOKO(カモン) 携帯電話データ転送ケーブル 9-KE X 1
・Dサブカバー(25P・手回し) X 1
・Dサブコネクタ(25P・オス) X 1
・ピンヘッダ 1×40(標準ピッチ・ストレート) X 1
・LED角形3本組 LED-K  X 2
送料込みで、\1,834円でした。

これらを使って、復旧を始めることにします。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。