物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WZR-G144Nが故障しました5

WZR-G144Nが故障しました2 で、LaFonera+をインターネット接続用に設定しました。
しかし、dd-wrtをインストールしたLaFonera+ではスループットが出ないので、WZR-HP-G54を使うことにしました。

フラッシュメモリがとんでいるので、
WZR-HP-G54へのDD-WRT導入3
 の手順でCFEを書き込みなおしてから、tftpでdd-wrt v24SP1を書き込みました。
設定をした後に設定をバックアップしてから電源を切ってみましたが、フラッシュがとぶことはありませんでした。このため、とりあえず交換しても使えそうです。

WZR-HP-G54ではmini-PCIスロットが、無線NICと増幅アンプ用に二つありますので、無線NICを二つ取り付けることが出来ます。
壊れてしまったWZR-AMPG144NHには、無線NICが11aと11nの2枚搭載されています。これが動けばWZR-HP-G54を11a/11n化できます。
しかし、WZR-AMPG144NHの無線NICはMarvellチップなので、ドライバが無く動きませんでした。

使用できなくなったWZR-G144Nは11nの無線NICが搭載されていますが、これはWZR-HP-G54と同じファームのWZR-G144Nで動くので、WZR-HP-G54に取り付けたところ、問題なく動作しました。
しかしWZR-HP-G54の筐体に入りきらないので、もとの無線NICに戻しました。

WZR-HP-G54をLaFonera+と入れ替えて、問題なく使用できるようになりましたが、フラッシュがとばないとは限らないので、オークションでDIAG2回点滅のWZR-AMPG144NHをもう一台入手していたので、OpenWRTかdd-wrtで使えるようにしたいところです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。