物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

VAIO Type-F のDVDドライブ交換1

2005年12月に購入した VAIO Type-F ですが、DVDマルチドライブの調子が悪くなり、書き込みエラーが発生するようになりました。
購入したオンラインストアで、3年間長期保障に加入していたのですが、PC本体の場合には1回の修理ごとに1万円までは自己負担になることがわかりました。
また、修理は本体後と預けて2週間から1月かかるため、使うPCがなくなってしまいます。
1万円までの自己負担だと、DVDマルチドライブが買えるので、保障を使うと技術料を取られるのと使えない期間を考慮し、自分で交換することを考えました。

本体を開けてドライブを確認することから始めました。
まず、HDDとメモリの部分を開けて、メモリとHDDを取り外します。
次に裏蓋のねじをすべて外して、裏蓋を取り外します。
ドライブがねじで3箇所とまっているので外し、外側にスライドさせることで取り外します。
取り外したドライブを確認すると、UJ-840というものでした。
type-f_back1type-f_hddtype-f_back2type-f_back3
uj-840_1

UJ-840を検索したところ、Panasonic製であることがわかりました。
また、スリムドライブ通販 では、ドライブのスペック一覧があり、UJ-870というのが同じサイズでベゼルタイプも同じであることがわかりました。
このため、UJ-870の価格を比較し、安いところで購入しました。

取り外したUJ-840から、ステーを取り除きます。ねじで3箇所とまっているので取り外すと、二つのステーが取り外せます。
uj-840_2uj-840_3uj-840_4

次にベゼルが2箇所のノッチでとめてあるので、これを外します。
これで旧ドライブの処理は完了です。
uj-840_5uj-840_6uj-840_7

次にUJ-870の作業に移ります。
まずUJ-840と同じ箇所にあるベゼルのノッチは外して、ベゼルを取り外します。
次に、UJ-840から取り外したベゼルを取り付けます。
uj-870_1uj-870_2uj-870_3
uj-870_4uj-870_5

次にUJ-840から取り外したステーを取り付けてから、本体に取り付けます。
元のベゼルを取り付けているので、見た目は変わりありません。
type-f_drive2type-f_convert

これで今までどおり使用できるようになりました。
費用もドライブの購入代金約5千円ですみ、作業も1時間程度でした。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013年06月02日(Sun)14:48 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。