物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WZR-AMPG144NHの故障品を入手しました

Buffaloルーターのフラッシュメモリ容量の確認 で、8Mフラッシュの機種がどれかわかりました。
ヤフオクで8Mフラッシュの機種を落札しようとしましたが高額になるため、DIAG2回点滅の故障品を落札しました。
付属品が一切無いものでしたが、ACアダプタはWZR-G108のACアダプタが12Vなのでこれを使い、縦置きスタンドとCDは無くても問題ないと考えました。

到着した物を確認したところ、ACアダプタの形状が違っているためWZR-G108のものが使えませんでした。
WZR-AMPG144NH1 WZR-AMPG144NH2 WZR-AMPG144NH3 WZR-AMPG144NH4

ACアダプタのコネクタを切り落として、直接基盤に電源を供給することも考えましたが、SONYの外付けDVD-RWドライブのACアダプタが、12V3Aで形状が適合するものでした。
このため、これを使ってテストをしていき使えるようになったら、秋葉原で購入することにしました。

本体裏面の左側にあるゴム足を取って、下にあるねじをはずしてサイドの爪をはずせば、本体カバーが開けられました。

WZR-AMPG144NH5 WZR-AMPG144NH6 WZR-AMPG144NH9


基盤を確認すると、シリアルコンソール:J6とJTAG:CON3と思われるスルホールがありました。
電圧は次のとおりでした。
J6:1-3.3V、2-0V、3-3.3V、4-0.6V->Vcc、GND、TX、RX
CON3:1-3.3V、2-1.3mV、3-0V、4-2.4V、5-0V、6-2.4V、7-0V、8-1.3mV、9-3.3V、10-1.3mV

WZR-AMPG144NH7 WZR-AMPG144NH8 

J6にシリアルケーブルをつないだところ、電源投入でメッセージが表示されました。
しかし、初めて気づいたのですが、WZR-AMPG144NHはBrodcomベースのルータではなく、MARVELLのものでした。
__ __ _ _
| \/ | __ _ _ ____ _____| | |
| |\/| |/ _` | '__\ \ / / _ \ | |
| | | | (_| | | \ V / __/ | |
|_| |_|\__,_|_| \_/ \___|_|_|
_ _ ____ _
| | | | | __ ) ___ ___ | |_
| | | |___| _ \ / _ \ / _ \| __|
| |_| |___| |_) | (_) | (_) | |_
\___/ |____/ \___/ \___/ \__| ** LOADER **
** MARVELL BOARD: RD-88F5181L-VOIP-GE LE

U-Boot 1.1.1 for BUFFALO AIRSTATION (Nov 27 2006 - 16:31:42) Marvell version: 1.10.8

# Buffalo Version: 1.08

DRAM CS[0] base 0x00000000 size 32MB
DRAM Total size 32MB
Memory Test start(00000000) end(02000000) size(02000000)
Pattern 00000000 Writing... Reading...
Memory Test OK
Unknown Vendor 0xecUnknown Chip Type id 0x22e2
Size: 8 MB,Bus Width: 2, device Width: 2.
Flash base: 0xff800000,Number of Sectors: 135 Type: BOTTOM.
Sector Start Addresses:
00000000 00002000 00004000 00006000 00008000
0000a000 0000c000 0000e000 00010000 00020000
00030000 00040000 00050000 00060000 00070000
00080000 00090000 000a0000 000b0000 000c0000
000d0000 000e0000 000f0000 00100000 00110000
00120000 00130000 00140000 00150000 00160000
00170000 00180000 00190000 001a0000 001b0000
001c0000 001d0000 001e0000 001f0000 00200000
00210000 00220000 00230000 00240000 00250000
00260000 00270000 00280000 00290000 002a0000
002b0000 002c0000 002d0000 002e0000 002f0000
00300000 00310000 00320000 00330000 00340000
00350000 00360000 00370000 00380000 00390000
003a0000 003b0000 003c0000 003d0000 003e0000
003f0000 00400000 00410000 00420000 00430000
00440000 00450000 00460000 00470000 00480000
00490000 004a0000 004b0000 004c0000 004d0000
004e0000 004f0000 00500000 00510000 00520000
00530000 00540000 00550000 00560000 00570000
00580000 00590000 005a0000 005b0000 005c0000
005d0000 005e0000 005f0000 00600000 00610000
00620000 00630000 00640000 00650000 00660000
00670000 00680000 00690000 006a0000 006b0000
006c0000 006d0000 006e0000 006f0000 00700000
00710000 00720000 00730000 00740000 00750000
00760000 00770000 00780000 00790000 007a0000
007b0000 007c0000 007d0000 007e0000 007f0000
[8192kB@ff800000] Flash: 8 MB
Addresses 20M - 0M are saved for the U-Boot usage.
Mem malloc Initialization (20M - 16M): Done
### buf_ver=[1.08] U-Boot Ver.=[1.08]
### build_date(env)=[Nov 27 2006 - 16:31:42] build_date(bin)=[Nov 27 2006 - 16:31:42]

Soc: 88F5181 B1
CPU: ARM926 (Rev 0) running @ 500Mhz
Orion 1 streaming disabled
SysClock = 166Mhz , TClock = 166Mhz


USB 0: host mode
PCI 0: PCI Express Root Complex Interface
PCI 1: Conventional PCI, speed = 33000000
Net: egiga0 [PRIME]
Hit any key to stop autoboot: 0

tftp server(receive) go, waiting:5[sec]
Load address: 0x400000

TftpServer Timeout;
no file was loaded.
### CRAMFS loading 'uImage' to 0x400000
### CRAMFS LOAD ERROR for uImage!
# LED(0x80) Blink[2] (Please press 'Ctrl+c' to stop)

Marvell>>

このため、単純にDD-WRTをインストールすることはできないようです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。