物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

dd-wrt v24がリリースされました2

dd-wrt v24がリリースされました では、インターネット接続用のWZR-0G144Nをバージョンアップしませんでした。
時間ができたのでWZR-G144Nをv24リリース版にバージョンアップしてみました。

WZR-G144NはRC-6で動いています。
Web管理画面からバージョンアップをしました。
300sと表示されカウントダウンが始まりましたが、通常であれば30秒程度で再起動がかかるのが、0sまでいってもしばらくお待ちくださいのままで、バージョンアップが完了したと表示されて再起動が行われません。
このためsshから再起動をしたところ、RC-6のまま起動しました。

再度Web管理画面でバージョンアップをしたところ、今度は30秒程度でバージョンアップが完了したと表示され、再起動されました。
再起動後はv24にバージョンアップされていましたが、問題が発生しました。

tinyproxyの起動と手動PPPoEマルチセッションを行っていたのですが、どちらも使用できなくなってしまいました。

tinyproxyをコマンドから実行したところ、エラーが発生しました。
root@WZR-G144N:~# /jffs/etc/init.d/tinyproxy start
Starting Tiny HTTP and HTTPS proxy: tinyproxy/jffs/etc/init.d/tinyproxy: line 51: /jffs/usr/sbin/tinyproxy: not found
.
確認すると、/jffs/usr/sbin/tinyproxyが無くなっていました。
設定ファイルと起動スクリプト関係は/jffs/etc/以下にそのままありましたので、再度tinyproxyをインストールしました。
設定ファイルと起動スクリプトは上書きされてしまうので、退避させていた物を書き戻しました。
これで動作するようになりました。

手動PPPoEマルチセッションは、プロセスは動いているのですが接続されません。
/usr/sbin/pppd file /jffs/ppp/options.pppoe
確認のため、Web管理画面からインターネット接続方法でPPPoEを選択し設定したところ、問題なく使用できました。
/jffs/pppを確認したところ、options.pppoeとoptions.pppoe1が無くなっています。
退避させていた物を書き戻してから、インターネット接続を手動設定に戻しコマンドでPPPoEを接続したところ、動作するようになりました。また、マルチセッションもできるようになりました。

失敗した1回目のバージョンアップの時に、/jffsにあるディレクトリ・ファイルの一部が消えてしまったようです。
これによりtinyproxyと手動PPPoEマルチセッションが動かなくなったようです。
バージョンアップ前に設定を保存していたのですが、設定は消えませんでした。

半月ほど動かしていた状態でバージョンアップしたのですが、バージョンアップ前に一度再起動しておいたほうがよかったようです。
これで自宅のDD-WRTは全てv24になりました。
今後のバージョンアップがどうなるのか楽しみです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。