物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

PPPoEマルチセッション時のDNSサーバー設定

PPPoEマルチセッション時のDNSサーバー振り分け で、フレッツスクウェア向けのDNSサーバーを、ドメインで振り分けることが出来るようになりました。

PPTPサーバーを有効にしたところ、DNS設定を読み込みなおすようで、/tmp/resolv.dnsmasqがクリアされてしまいました。このため、インターネットに接続できない状態が発生しました。
いままでは、ip-upスクリプトの中で、/jffs/pppに配置してあるresolv.dnsmasqを/tmpにコピーしていますが、機能の有効/無効をした場合はPPPoEが切断・再接続されないため、ip-upが実行されないためresov.dnsmasqがコピーされません。

プロバイダのDNSサーバーをどこに設定するかを検討しました。

Web管理画面>基本>インターネット設定で手動設定にしているため、DNSサーバー1から3を登録できます。
このDNSサーバー設定を行うと、resolv.confに書き込まれるので、PPPoEでも使うことが出来ます。
ただ、PPPoE用のDNSサーバーを設定しておくのは、いまひとつすっきりしません。

PPPoEマルチセッション時のDNSサーバー振り分け でやったように、DNSMasqにプロバイダのDNSサーバーを設定すれば、DNSMasqでプロバイダ・フレッツスクウェアのDNSサーバーを制御してくれると考えました。
これであれば、DNSMasqで管理しているので、すっきりしています。

設定は、Web管理画面>ネットワーク>サーバ/サービス設定>DNSMasq>DNSMasqサービス 追加オプションに、次の設定を追加しました。
server=プロバイダDNSサーバー1
server=プロバイダDNSサーバー2

これにより、/tmp/dnsmasq.confに設定がされ、プロバイダとフレッツスクェアの名前解決をきちんと行えるようになりました。
また、サービスの有効/無効化をして設定を読み込みなおされても、問題なくDNS解決が出来ます。

このため、ip-upスクリプトで行っていた下記のresolv.dnsmasqのコピーを、削除しました。
cp /jffs/ppp/resolv.dnsmasq /tmp/ ->削除
また、Web管理画面>管理>コマンド実行>起動スクリプトで行っていた、resolv.*のコピーも削除しました。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。