物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

LaFonera+へDD-WRT v24 RC6.1 をインストールしてみました。

DD-WRTのv24 RC6.1がリリースされたので、LaFonera+にもインストールしてみました。

LaFonera+へのDD-WRTインストール のように、tftpでインストールしました。

LaFonera+のネットワーク構成 で書いたように全バージョンでは、Web管理画面でVLAN設定が表示されませんでしたが、RC6.1では表示されるようになりました。

TagVLANを設定したところ、eth0.0 と eth0.1 のようにVLANインターフェースが作成されました。
IPアドレスの設定は、コマンドから行いました。
root@LaFoneraPlus1:~# ifconfig eth0.0 VLNA-IP1 netmask 255.255.255.0
root@LaFoneraPlus1:~# ifconfig eth0.1 VLNA-IP2 netmask 255.255.255.0

しかし、VLAN-IP1 と VLNA-IP2 とPCの間で通信が出来ませんでした。
nvram設定を確認すると、vlan_tags=eth0>0 eth0>1 が設定されています。
TagVLANを削除したところ、vlan_tags= が空欄となりました。

vconfigコマンドでVLANを設定しました。
root@LaFoneraPlus1:~# ifconfig eth0 down
root@LaFoneraPlus1:~# vconfig add eth0 0
root@LaFoneraPlus1:~# vconfig add eth0 1
root@LaFoneraPlus1:~# ifconfig eth0 up
root@LaFoneraPlus1:~# ifconfig eth0.0 up
root@LaFoneraPlus1:~# ifconfig eth0.1 up
root@LaFoneraPlus1:~# ifconfig eth0.0 VLNA-IP1 netmask 255.255.255.0
root@LaFoneraPlus1:~# ifconfig eth0.1 VLNA-IP2 netmask 255.255.255.0

VLANインターフェースをブリッジに割り当ててみました。
root@LaFoneraPlus1:~# brctl show
bridge name  bridge id         STP enabled  interfaces
br0        8000.001884a16c64  yes       eth0
                                  ath0
root@LaFoneraPlus1:~# brctl delif br0 eth0
root@LaFoneraPlus1:~# brctl addif br0 eth0.0
root@LaFoneraPlus1:~# brctl show
bridge name  bridge id         STP enabled  interfaces
br0        8000.001884a16c64  yes       eth0.0
                                  ath0

しかし、br0のIPとPC間で通信できません。br0への割り当てをeth0.0からeth0に戻すと、PC間と通信が行えます。
再度TagVLANで設定後に同じようにbr0のeth0.0を割り当てましたが、PC間との通信は行えません。

VLAN設定がWeb管理画面でできるようになりましたが、まだWAN・LANポートを別に使うことが出来ませんでした。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。