物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

LaFonera+を純正ファームに書き戻し3

ram-foneraplus.elfを使ってOpenWRTが起動しましたので、フラッシュを保存していきます。
cifsが使用できるそうなので、mycipfsコマンドを使用してPCの共有フォルダをマウントします。

ifconfigでネットワークインターフェースを確認したところ、無線インターフェースのみ有効になっていましたので、SSID:Lama_Bleu-OpenWrtに接続します。

mycifsコマンドを実行しましたが、エラーとなりました。
root@LamaBleu:/# mount
rootfs on / type rootfs (rw)
none on /proc type proc (rw)
none on /sys type sysfs (rw)
tmpfs on /dev type tmpfs (rw)
none on /dev/pts type devpts (rw)
root@LamaBleu:/# mycifs 192.168.1.176 '-o user=PCuser名'
mkdir: cannot create directory '/cifs': File exi CIFS VFS: Send error in SessSetup = -13
sts
mount: \\192.168 CIFS VFS: Send error in SessSetup = -13
.1.176\fonera is write-protected, mounting read-only
mount: mounting \\192.168.1.176\fonera on /cifs failed: Permission denied

共有フォルダがfoneraのものをmountするようですので、共有名をfoneraにして実行しましたが、エラーとなってしまいます。
root@LamaBleu:/# mycifs 192.168.1.176 '-o user=PCuser名'
mkdir: cannot create directory '/cifs': File exists
CIFS VFS: Send error in SessSetup = -13
mount: \\192.168.1.176\fonera is CIFS VFS: Send error in SessSetup = -13
write-protected, mounting read-only
mount: mounting \\192.168.1.176\fonera on /cifs failed: Permission denied

いろいろやりましたが、mountできません。
もう一台のWindowsXPで行ったところ、問題なくmountされました。Professionalとhomeの違いでしょうか。
root@LamaBleu:/# mycifs 192.168.1.132 '-o user=PCuser名'
mkdir: cannot create directory '/cifs': File exists
root@LamaBleu:/# mount
rootfs on / type rootfs (rw)
none on /proc type proc (rw)
none on /sys type sysfs (rw)
tmpfs on /dev type tmpfs (rw)
none on /dev/pts type devpts (rw)
\134\134192.168.1.132\134fonera on /cifs type cifs (rw,mand,unc=\\192.168.1.132\fonera,username=PCuser名,uid=0,gid=0,rsize=16384,wsize=57344)

root@LamaBleu:/# cat /proc/mtd
dev: size erasesize name
mtd0: 00030000 00010000 "RedBoot"
mtd1: 00010000 00010000 "loader"
mtd2: 00230004 00010000 "image"
mtd3: 00140000 00010000 "image2"
mtd4: 0000f000 00010000 "FIS directory"
mtd5: 00001000 00010000 "RedBoot config"


/cifs に backup ディレクトリを作成し、catコマンドでフラッシュをバックアップします。
root@LamaBleu:/# mkdir /cifs/backup
root@LamaBleu:/# cat /dev/mtdblock1 > /cifs/backup/loader
root@LamaBleu:/# cat /dev/mtdblock2 > /cifs/backup/image
root@LamaBleu:/# cat /dev/mtdblock3 > /cifs/backup/image2
root@LamaBleu:/# ls -l /cifs/backup/
-rw-r--r-- 1 root root 2293760 Dec 15 2007 image
-rw-r--r-- 1 root root 1310720 Dec 15 2007 image2
-rw-r--r-- 1 root root 65536 Dec 15 2007 loader

これでフラッシュの書き込み準備が出来ました。
このファームは、reboot と halt が使えないそうなので、電源を切るかリセットボタンを押して終了させます。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。