物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

LaFonera+のRedBoot設定変更を行いDD-WRT自動起動できるようにしました

LaFonera+へのDD-WRTインストール で、LaFonera+へDD-WRTをインストールしましたが、LaFoneraとフラッシュの構成が違うため自動起動しません。

RedBootの起動時の処理を変更する必要があるため調べたところ、LaFonera Hardware LaFoneraPlus - DD-WRT Wiki に変更方法がありました。
fconfigコマンドを使用することで、設定の確認と変更が出来るようです。

まずRedbootにアクセスします。

Ethernet eth0: MAC address 00:18:84:a1:6c:64
IP: 192.168.1.1/255.255.255.0, Gateway: 0.0.0.0
Default server: 192.168.1.254

RedBoot(tm) bootstrap and debug environment [ROMRAM]
OpenWrt certified release, version 1.1 - built 22:32:28, May 7 2007

Copyright (C) 2000, 2001, 2002, 2003, 2004 Red Hat, Inc.

Board: FON 2201
RAM: 0x80000000-0x81000000, [0x80040290-0x80fe1000] available
FLASH: 0xa8000000 - 0xa87f0000, 128 blocks of 0x00010000 bytes each.
== Executing boot script in 2.000 seconds - enter ^C to abort
^C


fis listコマンドで、フラッシュの状態を確認します。
RedBoot> fis list
Name FLASH addr Mem addr Length Entry point
RedBoot 0xA8000000 0xA8000000 0x00030000 0x00000000
rootfs 0xA8030000 0xA8030000 0x002C0000 0x00000000
vmlinux.bin.l7 0xA82F0000 0x80041000 0x000E0000 0x80041000
nvram 0xA83D0000 0xA83D0000 0x00010000 0x80041000
FIS directory 0xA87E0000 0xA87E0000 0x0000F000 0x00000000
RedBoot config 0xA87EF000 0xA87EF000 0x00001000 0x00000000


次にfconfig -l -nコマンドで、Redbootの起動設定を確認します。
RedBoot> fconfig -l -n
boot_script: true
boot_script_data:
.. fis load -b 0x80100000 loader
.. go 0x80100000

boot_script_timeout: 2
bootp: false
bootp_my_gateway_ip: 0.0.0.0
bootp_my_ip: 192.168.1.1
bootp_my_ip_mask: 255.255.255.0
bootp_server_ip: 192.168.1.254
console_baud_rate: 115200
gdb_port: 9000
info_console_force: false
net_debug: false


起動時に実行するスクリプトが、下記のようになっていますので、vmlinux.bin.l7を読み込んで実行するように変更します。
boot_script_data:
.. fis load -b 0x80100000 loader
.. go 0x80100000


fconfigコマンドで変更モードに入ります。
エンターキーを押して、プロンプトが >> になったら、実行するコマンドを登録し、さらにエンターキーを押します。
その後もエンターキーを押して、Update RedBoot non-volatile configuration - continue (y/n)?  に対して yを入力して完了です。
RedBoot> fconfig
Run script at boot: true
Boot script:
.. fis load -b 0x80100000 loader
.. go 0x80100000
Enter script, terminate with empty line
>> fis load -l vmlinux.bin.l7
>> exec
>>
Boot script timeout (1000ms resolution): 2
Use BOOTP for network configuration: false
Gateway IP address:
Local IP address: 192.168.1.1
Local IP address mask: 255.255.255.0
Default server IP address: 192.168.1.254
Console baud rate: 115200
GDB connection port: 9000
Force console for special debug messages: false
Network debug at boot time: false
Update RedBoot non-volatile configuration - continue (y/n)? y
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .


fconfig -l -nコマンドで、Redbootの起動設定を確認すると、vmlinux.bin.l7が読み込まれて実行するようになっています。
RedBoot> fconfig -l -n
boot_script: true
boot_script_data:
.. fis load -l vmlinux.bin.l7
.. exec

boot_script_timeout: 2
bootp: false
bootp_my_gateway_ip: 0.0.0.0
bootp_my_ip: 192.168.1.1
bootp_my_ip_mask: 255.255.255.0
bootp_server_ip: 192.168.1.254
console_baud_rate: 115200
gdb_port: 9000
info_console_force: false
net_debug: false
RedBoot>

resetコマンドでリブートすると、DD-WRTが自動で起動します。
これで、電源を入れるだけでDD-WRTが使えるようになりました。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014年07月25日(Fri)00:54 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。