物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

LaFonera+のネットワーク構成:補足1

LaFonera+のネットワーク構成  にて、LaFonera+では、VLAN機能によりWANとLANを分割している、と書きました。

しかし、考えてみるとVLAN機能での分割ではないと思いました。
・存在するインターフェースが、ath0/ath1/br-lan/br-lan:1/eth0/eth0.0/eth0.1/lo/wifi0/
・WANインターフェースは、eth0.1
・LANインターフェースは、eth0.0
・WANポート・LANポート共にeth0のエイリアス
・DD-WRT化後、Web管理画面にVLAN設定が無い

これから考えると、WANポートとLANポートは、単なるHub的接続で同一のインターフェースeth0に接続されていることになります。

WANポートとLANポートの制御は、iptableで行っていることが考えられます。
またこの構成の場合、WANポートとLANポートを逆に接続しても動作することが考えられます。

LaFonera+をDD-WRT化してしまっているので、次のようにチェックしていくことにします。
・DD-WRTでWANポートとLANポートにPCを接続してみる
・Fon純正ファームで、iptableなどの設定を確認
・Fon純正ファームで、WANポートとLANポートを逆に接続してみる

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。