物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WZR-G144Nのcfeバックアップ

WZR-G144Nのフラッシュメモリ容量とシリアル/JATGポート では、HairyDairyMaid_WRT54G_Debrick_Utility_v48 を使ってcfeのバックアップが出来ないと書きました。

DD-WRTのホームページにあるダウンロードを見ていたところ、
Tjtag.zip  というものが見つかりました。

ダウンロードして使用したところ、WZR-G144Nでも問題なく動作しました。
C:\Temp\tjtag\windows>tjtag -probeonly

=================================================
WRT54G/GS EJTAG Debrick Utility v4.8-Tornado-MOD
=================================================

Probing bus ... Done

Instruction Length set to 8

CPU Chip ID: 10010100011100000100000101111111 (9470417F)
*** Found a Broadcom BCM4704 KPBG Rev 9 CPU chip ***

- EJTAG IMPCODE ....... : 00000000100000000000100100000100 (00800904)
- EJTAG Version ....... : 1 or 2.0
- EJTAG DMA Support ... : Yes

Issuing Processor / Peripheral Reset ... Done
Enabling Memory Writes ... Done
Halting Processor ... ... Done
Clearing Watchdog ... Done

Probing Flash at (Flash Window: 0x1fc00000) ... Done

Flash Vendor ID: 00000000000000000000000011000010 (000000C2)
Flash Device ID: 00000000000000000010001010101000 (000022A8)
*** Found a MX29LV320B 2Mx16 BotB (4MB) Flash Chip ***

- Flash Chip Window Start .... : 1fc00000
- Flash Chip Window Length ... : 00400000
- Selected Area Start ........ : 00000000
- Selected Area Length ....... : 00000000



*** REQUESTED OPERATION IS COMPLETE ***


cfeのバックアップも行えたので、心置きなくDD-WRTをインストールできます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。