物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

LaFonera+のネットワーク構成

LaFonera+のネットワーク構成を確認しました。

純正ファームでifconfigによりネットワーク構成を確認すると、次のものが見えます。
ath0/ath1/br-lan/br-lan:1/eth0/eth0.0/eth0.1/lo/wifi0/

WAN側を固定IPにしたときのIPは、eth0.1に割り振られます。
これからすると、VLANでWANとLANを分割しているようです。

また、ブリッジ設定は下記のようになっています。
root@OpenWrt:~# brctl show
bridge name  bridge id         STP enabled  interfaces
br-lan      8000.001884a16c64  no         eth0.0
                                   ath1

DD-WRTでは、次のようになります。

ath0/br0/br0:0/eth0/lo/wifi0

root@DD-WRT:~# brctl show
bridge name  bridge id         STP enabled  interfaces
br0        8000.001884a16c64  yes        eth0
                                   ath1

DD-WRTの管理画面ではWANポートを認識していません。また、VLAN設定が表示されません。

nvramでvlan関係を確認すると次のようになっています。
nvramで直接vlan設定をしないと、WANポートをWANとして使うことが出来ないようです。

root@DD-WRT:~# nvram show | grep vlan
vlan0ports=1 2 3 4 5*
port5vlans=0 1 16
port3vlans=0
port1vlans=0
wl0_vlan_prio_mode=off
vlan1hwname=et0
vlan1ports=0 5
size: 21374 bytes (11394 left)
port4vlans=0
vlans=0
port2vlans=0
port0vlans=1
vlan0hwname=et0

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。