物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

DD-WRTのQoS

DD-WRTのQoSを使ってみることにしました。

家の回線がADSLのため、Up帯域が細くIP電話を使用しているときにデータが多く流れると、通話に影響が出るためです。
また、LaFoneraを接続していますが、Down帯域の制御は行えるのですが、Up帯域の制御が行えません。
このため、DD-WRTで帯域制御を行ってみました。

QoS SettingsでQoSをEnableして、Uplink (kbps)とDownlink (kbps)を指定するだけです。
しかし、このUplinkとDownlinkは注意が必要で、PortのプルダウンでWANとKAN & WANを切り替えると、設定が逆になります。WANの場合は、UplinkはUplink側ですが、LAN & WANの場合は、DownlinkがUplink側になります。

Ethernet Port Priorityにてポート単位に帯域を制限できる設定があるのですが、うまく使えませんでした。DD-WRT Tutorial 4: Defining Priorities with QoSには、使用できる機種が特定されるようなことも書いてあるので、そのせいかもしれません。
この機能が使えれば、LaFoneraをつないだポートだけ制御ができるの、今後に期待したいところです。
もっとも、LaFoneraのQos機能をUplink側にも設定できるようにしてくれれば、一番簡単なのですがね。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。