物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

LaFoneraのネットワークインターフェース

DD-WRTでのPPPoEマルチセッションへの挑戦9でifconfigでネットワーク設定を確認したところ、無線インターフェースが二つ(ath0とath1)有りました。
公開APとプライベートAPが分かれていますが、単にSSIDで分けているのではなく、インターフェースを分けているようです。

また、imq0とtun0と言うものもあります。

imq0は、中間キューイングデバイス (Intermediate queueing device :IMQ)によると、帯域制御に使用するデバイスとのことです。

tun0は、OpenSSH を使った簡易 VPN の構築によるとVPN用のトンネルデバイスとのことです。

帯域制御用のインターフェースは、LaFoneraのOpenWRTで帯域制御をしているのでわかりますが、トンネルデバイスは何で使っているのでしょうか?

無線インターフェースが二つなるなど、いろいろとやってあるようです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。