物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

DD-WRTでのPPPoEマルチセッションへの挑戦4

DD-WRTでのPPPoEマルチセッションへの挑戦3で考えた方法を試してみることにします。

インターネット接続に使用しているWZR-HP-G54でテストすると、問題が発生した場合インターネットが使用できなくなってしまいます。
このため、WZR-HP-G54では DD-WRTでのPPPoEリレー設定を行い、WLI-TX4-G54Pでテストします。

まず、rp-pppoe-client_3.8-1_mipsel.ipk を取得し、インストールします。
/jffs # wget http://downloads.openwrt.org/backports/0.9/rp-pppoe-client_3.8-1_mipsel.ipk
Connecting to downloads.openwrt.org [195.56.146.238:80]
rp-pppoe-client_3.8- 100% |*****************************| 17771 00:00:00 ETA
/jffs # ipkg install rp-pppoe-client_3.8-1_mipsel.ipk
Unpacking rp-pppoe-client...Done.
Configuring rp-pppoe-client...Done.

下記のファイルが展開されました。
/jffs/etc/init.d/pppoe-client
/jffs/etc/ppp/pppoeconf
/jffs/usr/sbin/pppoe

しかし、adsl-startとadsl-stopやadsl-setupが有りません。LaFoneraのOpenWRTでは、これらのファイルと/etc/init.d/の起動スクリプトがありませんでしたが、/sbin/ifup.pppoeというスクリプトがありました。

Software/PPP - Debian GNU/Linux スレッドテンプレによると、adsl-setupが無い場合は、pppoeconfを使用すると書かれていますが、こちらもありません。

ただ、http://www.linux.or.jp/JM/html/rp-pppoe/man8/adsl-start.8.htmlによると、ユーザーモードの起動スクリプトらしいので、カーネルモードの場合は、使わないようです。

起動ファイルが無いので、WZR-HP-G54の/tmp/pppファイルをコピーしてきてif-upをしてみましが、Segmentation faultとなってしまいます。
/tmp/ppp/options.pppoeの設定をnic-eth1からにnic-eth0とnic-br0にしてみましたが、Segmentation faultとなってしまいます。

pppd file /tmp/ppp/options.pppoeで起動してみると、エラーが出ないでプロセスが起動したままとなりますが、ppp0が追加されず接続された様子も有りません。
ifup ppp0 とするとエラーが出ます。
ifup: /etc/network/interfaces: No such file or directory
また、ifconfig ppp0 とするとエラーが出ます。
ifconfig: ppp0: error fetching interface information: Device not found

ぽちネット-Linux備忘録-Linuxコマンドリファレンスだワン!- pppoe に、pppoeコマンドのオプションがあるので、pppoeコマンドで接続してみることにします。

pppoe -d だと応答が無いので、ctl+cで停止させました。
pppoe -I eth0 -d だと応答が無いので、ctl+cで停止させました。eth0:1、eth1、br0、br0:2でも同じです。
-Dオプションを使うとログファイルに書き出されるということです。
pppoe -I eth0 -D test.log としてtest.logにログを出力してみましたところ、パケットは送っているようですが、応答が無いようです。

rp-pppoe-3.8
06:54:47.151 SENT PPPoE Discovery (8863) PADI sess-id 0 length 4
SourceAddr 00:0d:0b:af:12:6e DestAddr ff:ff:ff:ff:ff:ff
01 01 00 00 ....

06:54:52.150 SENT PPPoE Discovery (8863) PADI sess-id 0 length 4
SourceAddr 00:0d:0b:af:12:6e DestAddr ff:ff:ff:ff:ff:ff
01 01 00 00 ....

ネットワーキングの基礎講座(PPP)によると、通信開始のパケット(PADI)を送っていますが、それに対する応答が帰ってきていないようです。
WLI-TX4-G54HPはクライアントブリッジ構成になっているのですが、そのためにうまく動いていないのでしょうか?

別の方法を考えることにします。

ぽちネット-Linux備忘録-Linuxコマンドリファレンスだワン!- pppoe のpppoeコマンドのオプション説明に、下記のものが有りました。
-U
discoveryパケット中のHost-Uniqタグを使う。これを用いると複数のpppoeデーモンを起動し、それぞれのdiscoveryパケットが混信しないようにできる。複数のpppoeデーモンを同時に実行しようとする場合には、全てのpppoeデーモンにこのオプションを付けなければならない
これからすると、-Uオプションをつけないとマルチセッションが出来ないようです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。