物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

DD-WRTでのPPPoEマルチセッションへの挑戦1

DD-WRTでのPPPoEマルチセッションに挑戦していきます。

設定情報を探してみると、/tmp/pppに有りました。
その中のoptions.pppoeというファイルに、アカウント情報が書かれています。
options.pppoe1というファイルを作成し、フレッツスクェアのアカウントに変更してみました。

起動しているプロセスを見ると、pppoeに関連していると思われるのは、次の二つです。
/usr/sbin/pppd file /tmp/ppp/options.pppoe
igmprt -i ppp0

options.pppoe1ファイルでpppdを起動させてみました。
/usr/sbin/pppd file /tmp/ppp/options.pppoe1

プロセスを見ると、ppp1が起動したようですが、ifconfigでみるとインターフェースが無く、ルーティングも追加されていません。
/usr/sbin/pppd file /tmp/ppp/options.pppoe1
/tmp/ppp/ip-up ppp1 eth1 0 172.28.59.39 220.210.221.1

再度プロセスを見ると、これらのプロセスは無くなってしまいます。

複数のPPPセッションをPPPoEで?? - Master of IP Networkには、WAN側インターフェースを仮想デバイスとしてそれぞれでPPPoEを行う、という情報がありました。
このため、options.pppoe1に書かれているnic-eth1をnic-eth1:0に変更したところ、起動しなくなりました。
nic-eth0だと起動しますが、LAN側なのでpppセッションが張らないためか、インターフェースppp1が作られません。nic-br0でもeth0と同じ状態です。
pppoe-relyaをbr0で動かしてみましたが、だめです。
この設定は使えないようなので、nic-eth1に戻しました。

igmprt -i ppp0 というプロセスが影響しているのかもと思い、連続で起動させるようにしてみました。
/usr/sbin/pppd file /tmp/ppp/options.pppoe1
igmprt -i ppp1

しかし、現象は変わりません。
/tmp/ppp/linkの中にppp0と書かれています。ppp1を追加してから再度実行しましたが、現象は変わりません。

この方法ではだめなようです。

いろいろと考えていたら、igmprtに関してはダイナミックルーティングIGMPのルーティングテーブルでは、と思いました。
DD-WRT Forum :: View topic - Multicast debugging や #255 (multicast deamon igmprt makes udhcpc renewal fail) - DD-WRT - Trac のキャッシュをみると、IGMPのデーモンのようなので、PPPoEとは直接関係ないようです。

次の方法を考えていきます。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。