物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WLI-TX4-G54HPへのDD-WRT導入2

WLI-TX4-G54HPJTAGとシリアルコンソールでアクセスできる準備ができたので、DD-WRT化を始めました。

PCとWLI-TX4-G54HPとをJTAGとシリアルケーブルで接続し、WZR-HP-G54へのDD-WRT導入3でやったようにJTAGでアクセスできる準備をします。
しかし、JTAGでアクセスしたところ、下記のメッセージが表示されて途中で止まってしまい、WLI-TX4-G54HPもリセットがかかっていて、しかも起動時のtftpの部分で固まってしまい電源を切るしかなくなります。このため、cfiのバックアップもできません。
C:\Temp\wrt54g\windows>wrt54g -probeonly

====================================
WRT54G/GS EJTAG Debrick Utility v4.8
====================================

Probing bus ... Done

Instruction Length set to 8

CPU Chip ID: 00000101001101010010000101111111 (0535217F)
*** Found a Broadcom BCM5352 Rev 1 CPU chip ***

- EJTAG IMPCODE ....... : 00000000100000000000100100000100 (00800904)
- EJTAG Version ....... : 1 or 2.0
- EJTAG DMA Support ... : Yes

Issuing Processor / Peripheral Reset ... Done
Enabling Memory Writes ... Done
Halting Processor ... ... Done
Clearing Watchdog ... Done

Probing Flash at (Flash Window: 0x1fc00000) ...


とりあえずJTAGを後回しにして、tftpのテストとしてBUFFALOファームをインストールしてみましが、ものの見事に動かなくなってしまいました。
しょうがないので、DD-WRTをtftpで書き込んだところ、こちらは問題なく動作しました。

BUFFALOのファームを書き戻そうと思い、OpenWRTをインストールしてみました。しかし、有線からアクセスできません。無線からはアクセスできたので。ヘッダを削ったBUFFALOのファームを書き込んだところ、起動中にnvramのdefault設定を行った後に再起動し。またnvramのdefault設定を行い再起動を繰り返す状態になってしまいました。

WHR-HP-G54の基盤写真を見ると、WLI-TX4-G54HPを同じ構成です。また、WHR-HP-G54にはgermnaのファームを書き戻せるそうです。このため、WLI-TX4-G54HPにOpenWRTをいれてWHR-HP-G54のファームをインストールしてみました。
有線では通信ができませんが、無線側では通信ができ、管理画面が開きました。しかし、ドイツ語で見にくいです。有線がWANポートに割り当てられてるのかと思い、WAN側のIPをDHCPから固定にしてみましたが、通信ができませんでした。
とりあえず、WHR-HP-G54の日本版ファームを書いてみましたが、シリアルコンソールで見るとエラーで正常に書き込めていませんでした。

とりあえずDD-WRTでいろいろと設定をすることにしました。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。