物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

DD-WRTで有線LANのMAC変更方法

WLI-TX4-G54HPDD-WRTをインストールしていますが、MACアドレスが元のものと変わってしまっています。
WANと無線に関しては、DD-WRTのMACアドレスクローンで設定できるので、無線LANに関しては変更済みです。ただ、有線LANのMACアドレスは変更できません。

探してみると、次の二つの方法が見つかりました。
Flash_Your_Buffalo_WBR-G54,_WLA-G54,_...では、nvramのeth0macaddrを書き換えることで変更します。
Open WRT / wrtsl54gs wireless mac addressには、ifconfigコマンドにて設定する方法ですが、起
動時に毎回設定しないといけないのと、インターフェースをダウンさせる必要があります。
このため、nvramのeth0macaddrを書き換えることにしました。

sshでWLI-TX4-G54HPにログインして、コマンドを実行していきます。

~ # nvram show | grep et0macaddr
et0macaddr=00:0d:0b:91:00:00

~ # nvram set et0macaddr=00:0D:0B:AF:12:6D
~ # nvram commit
nvram_commit(): end
~ # reboot

~ # nvram show | grep et0macaddr
et0macaddr=00:0D:0B:AF:12:6D

~ # ifconfig
eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:0D:0B:AF:12:6D
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500
Metric:1

以上で書き換えは終了です。

LaFoneraのMACアドレスクローンは、v24RC4でもDD-WRTの管理画面から変更できなかったので、当面はこの方法で書き換えるようになりそうです。

問題となるのは、このようにMACアドレスを載せることをやめるかどうかですね。
高木浩光@自宅の日記 デイリーポータルZ 記者の家を探しに行くによると、PlaceEngineにMACアドレスが登録されていると、APの場合には設置場所が判るそうです。

こうなると無線APのMACアドレスは、時期をみて変更する必要があるかもしれないですね。ただし、商用ファームウェアだとMACアドレスの書き換えが出来ませんので、この対策は取れません。

まあ、それをやってしまうとPlaceEngineの精度が落ちてしまいますが、個人のAPも商用APも関係なくまた所有者の許可なく登録できるので、今後PlaceEngineがどうなっていくかが気になるところです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012年02月09日(Thu)06:02 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。