物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

光によるインターネット接続への移行3

Bフレッツとひかり電話の開通が10/30と決まりましたが、ルーターの接続が気になるところです。

ひかり電話はIP接続になるので、電話接続用に機器が必要となります。無線LAN機能が無いものは無料で貸し出させれるようで、こちらを選択しました。ルーター機能があるのでPCをつなぐこともできるそうです。
ただ、現在無線LANルーターを使っていてリモート接続も行っているので、これを使いながらIP電話を使えるようにしたいところです。

接続方法は、ひかり電話機器->PC基本で、ルーター->ひかり電話機器だと接続できないようです。

NTT東日本フレッツ公式:ひかり電話|ご利用にあたって|参考資料にある音声利用IP通信網サービス(第2種サービス)のインタフェース(第4版)を見ると、PPPoEで通話用の通信するのではなく、PPPoEで取得した設定情報やIPで直接通信するためです。
PPPoE通信で通話用の通信も行われるのであれば、ルーターのPPPoEブリッジ機能で対応できるのですが、直接通信するのであれば、ルータのNAT機能やポートフォワーディング機能があっても、通話用のIPをルーターが処理できなければどうしようもありません。IPが固定であればインターフェースにそのIPを設定することで対応できるかもしれませんが、動的割り当てだとこれもできません。


NTT東日本フレッツ公式:ひかり電話|フレッツ・アプリケーションサービスとの同時利用について|050IP電話との同時利用についてNTT東日本フレッツ公式:ひかり電話|フレッツ・アプリケーションサービスとの同時利用について|フレッツ・セーフティとの同時利用についてを見ると、ひかり電話機器->050機器orフレッツ・セーフティー機器->PCと言う構成で、インターネット接続は、050機器orフレッツ・セーフティー機器で行うそうです。ひかり電話機器のPPPoEブリッジ機能により、050機器orフレッツ・セーフティー機器がPPPoEにてプロバイダと接続するそうです。

これができるのであれば、サポート対象外でしょうがひかり電話機器->ルーター->PCもできると思います。

注意点としては、NTT東日本フレッツ公式:ひかり電話|ご利用にあたって|よくあるご質問にあるように、
Q3 現在、Bフレッツでインターネットとフレッツ・スクウェアで2セッション使っていますが、ひかり電話は1セッション使ってしまうのですか?
A3 通話時に、セッションは利用しませんが、ひかり電話対応機器の電源立上げ時、および最新の設定情報を確認・ダウンロードする際に、セッションが必要(数分程度)となります。なお、最新の設定情報を確認・ダウンロードする際、インターネット経由となるため、別途インターネットサービスプロバイダとのご契約が必要となります。
ひかり電話機器によるPPPoE通信が終わってからルーターなどの機器の電源を入れないと、ひかり電話が使えない場合があるそうです。まあ、フレッツスクェアの設定をオンデマンドにすれば大丈夫だと思います。


あとは、こちらもサポート対象外ですが、SwitchingHubなどを経由してルータとひかり電話機器を並列で接続すれば、同時に使えるようです。
ただ、SwitchingHubを使うのは面倒なので、ひかり電話機器->ルーター->PCにて接続したいと思います。

10/30に工事完了後にいろいろやってみます。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。