物好き者

物好き者が行ったことを載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

家のネットワーク構成とDD-WRT導入に関して

家のネットワーク環境は、次のような構成す。

Internet---WN-APG/BBR---PC×4・RD-X6
WN-APB/BBR:IODATAの無線ルーター
RD-X6:東芝のHDDレコーダー

RD-X6を有線で接続していましたが、UTPケーブルが邪魔になるので無線化することにしました。
そこで、イーサネットコンバーターを購入することを考えましたが、高価なため無線ルーターを子機にすることを思いつきました。ちょうど、BUFFALOのWZR-HP-G54が海外向け製品で安かったので購入しました。
しかし、無線親機同士では接続できないことに気づきました。
しかたないので、イーサネットコンバーターとしてBUFFALOのWLI-TX4-G54HPを購入して、接続しました。

Internet---WN-APG/BBR---PC×4
             +-------WLI-TX4-G54HP---RD-X6

WZR-HP-G54HP:BUFFALOの無線ルーターハイパワー版
WLI-TX4-G54HP:BUFFALOの無線イーサネットコンバーターハイパワー版スイッチ付

WZR-HP-G54を寝かせていましたが、VPNにて家に接続することを考え始めました。BUFFALOにはWZR-RS-G54HPというPPTPサーバー機能を持った無線ルーターがあるので、このファームを書き込めばPPTPサーバーになると考えました。しかし、当然のことながら書き込めませんでした。
PPTPサーバー機能を持つ無線ルーターを購入することを考えましたが、ファームの書き換えに関して調べていたところ、DD-WRTというBUFFALOのルーターで動くPPTPサーバー機能を持ったファームウェアが公開されることを知りました。
これを使えば、手持ちのものでPPTPサーバーが構築できるということで、WZR-HP-G54DD-WRTを導入してPPTPサーバーとして使用することを決めました。

DD-WRT:無線ルーター用多機能ファームウェア
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。